Patch for Intune

Patch Intelligence の一部の機能は、Ivanti Neurons Patch for Intune ライセンスでも使用できます。たとえば、Patch Intelligence の [すべてのパッチ] タブの情報を使用して、各パッチのリスクと信頼性評価を取得できます。 Ivanti Neurons for Patch Intelligence にアクセスするには、Ivanti Neurons プラットフォームで [パッチ管理] > [Patch Intelligence] に移動します。

Ivanti Neurons Patch for Intune は、Microsoft Intune 実装を拡張して、サードパーティ製品の管理機能を組み込む、クラウド ベースのソリューションです。 7-Zip、Adobe Acrobat、Slack、Zoom クライアントなどのさまざまなサードパーティ製品を Intune コンソールに公開できます。

表で任意の製品を選択し、Microsoft Intune に公開します。 通常の Intune プロセスが使用され、製品がエンドポイントに配布されます。 Ivanti Neurons Patch for Intune は、管理対象および管理対象外の製品の新しいバージョンがないか、絶えず Ivanti サポート対象製品カタログを監視します。 新しいバージョンの管理対象製品が利用可能になったときに、承認を要求するか、ユーザ操作を要求せずに自動的に Intune に公開するかを選択できます。

セキュリティ上の理由から、Ivanti Neurons Patch for Intune の一部の機能にアクセスするには認証が必要です。プロンプトが表示された場合は、Azure 資格情報を使用して認証してください。 この要件の頻度は、環境の構成によって異なります。

Patch for Intune を初めて起動すると、または新しい構成設定が必要なときは常に、開始に役立つ構成ウィザードが表示されます。

Ivanti サポート対象製品カタログ

Ivanti サポート対象製品カタログは、Ivanti Web サイト (新しいタブで開きます) にあります。

Ivanti 製品カタログの拡張または編集はできません。 Intune 内から製品を追加または編集するには、https://endpoint.microsoft.com に移動し、[アプリ] セクションを使用します。 Intune コンソールから追加された製品は、Ivanti Neurons Patch for Intune による管理も更新も行われません。

製品カタログで更新が利用可能になったときに電子メール通知を受け取るには、Ivanti Neurons Patch for Intune のコミュニティ ページに移動します。 [グループに参加] を使用して登録し、通知の頻度を選択します。

システム要件

Ivanti Neurons Patch for Intune を使用するための要件は次のとおりです。

  • Ivanti Neurons Patch for Intune ライセンス
  • 有効な Microsoft Intune 環境
  • Web ブラウザ
  • 次のいずれかのロール:
    • [アプリケーション マネージャ] (Intune) と [グローバル リーダ] (Entra ID)
    • [Intune 管理者] (Entra ID)
    • または、[グローバル管理者] (Entra ID) を使用できます。

  • Ivanti コード署名証明書を配布するためには、Intune の [ポリシーおよびプロファイル マネージャ] ロールが必要です。
  • アプリケーションを配布する際に最良の結果を得るには、以下で説明するように Ivanti コード署名証明書も配布する必要があります。

Ivanti コード署名証明書を配布するには:

  1. Ivanti Neurons プラットフォームの [管理者] で、[Patch for Intune 設定] をクリックします。
    [Patch for Intune 設定] ページが表示されます。 [証明書の配布] セクションでは、Ivanti 証明書の現在のステータスが報告されます (Ivanti 証明書が Ivanti Neurons Patch for Intune を使用して配布された場合)。
  2. 最新の Ivanti 証明書が Intune に配布されている場合は、[もう一度確認] できます。
    古い Ivanti 証明書が配布されている場合、または Ivanti 証明書が配布されていない場合は、[配布] をクリックします。
    [証明書の配布] ダイアログが表示され、配布される証明書の詳細が表示されます。
  3. [すべてのデバイスに割り当て] を選択するか、[グループを選択] ボックスで、証明書の配布先とするデバイスが関連付けられているグループを選択します。
  4. [配布] をクリックします。
    証明書が、構成されたとおりに配布されます。

関連トピック

Patch Intelligence