Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > イベント履歴 > イベント履歴の概要

イベント履歴の概要

イベント履歴を表示するには、メイン メニューから [表示] > [イベント履歴] を選択します。イベント履歴では、Ivanti Patch for Windows® Servers 内で発生するバックグラウンド処理イベントを表示できます。次のようなさまざまなイベントに関するエントリが生成されます。

データベース メンテナンス

配布サーバ同期

スケジューラ イベント

コア エンジン/定義ダウンロード

コア エンジン/定義同期

予測パッチ ダウンロード

処理結果インポート (パッチ スキャンなど)

ESXi Hypervisor パッチ配布

Protect Cloud によるエージェント ポリシー同期

コンソール メンテナンス (Ivanti Patch for Windows® Servers で使用される証明書のステータスを確認する日次バックグラウンド タスク) と、有効期限に近づいているかどうかの確認

バックグラウンド イベントが発生すると、関連付けられたログ エントリが自動的にイベント履歴に記録されます。スケジュールされたイベントについては、イベントが開始または終了するまで、ログ エントリが生成されません。

表示される情報量を調整するには、[過去の結果を表示(日数)] オプションを使用します。既定では、過去 30 日以内に生成されたすべてのバックグラウンド処理イベントが表示されます。最大 10,000 件のイベントを表示できます。

 

プログラムのインストール後すぐに表示すると、イベント履歴は空です。これは表示するイベント ログ エントリがないためです。

詳細については、次の項目をご参照ください。

イベント エントリの検索

イベント履歴スマート フィルタの使用方法


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他