Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> クイック スタート > セットアップ > コンピュータ グループへの仮想マシンの追加 > サーバでホストされる仮想マシンの追加

サーバでホストされる仮想マシンの追加

多くの場合、1 つ以上の VMware サーバで仮想マシンがホストされています。これにより、組織化された方法で仮想マシンを管理できます。主な VMware サーバのタイプは 2 つあります。

VMware ESX/ESXi Server:複数の仮想マシンをホストおよび管理する専用のサーバ。一般的に、VMware ESX/ESXi Server (別名 ESXi ホストまたは ESXi Hypervisor) は、複数の仮想マシンを 1 つの場所から制御する必要がある中小企業で使用されます。多くの場合、サーバは VMware オペレーティング システムを使用する専用のブレード コンピュータで稼動します。

VMware vCenter Server:一般的に、このタイプのサーバは、複数の VMware ESX/ESXi Server を管理する必要があり、各サーバが複数の VMware イメージを実行している可能性がある大企業で使用されます。たとえば、利用率の高い仮想マシンを、利用率の高い ESXi Server から利用率の低い別の ESXi Server に簡単に移動できます。  

ヒント:vCenter Server および ESXi Hypervisor の管理については、「仮想マシン インベントリ機能の使用」をご参照ください。

  [ホストされた仮想マシン] タブを使用し、これらのサーバにログインして、コンピュータ グループに追加する仮想マシンを選択できます。仮想マシンはオンライン モードまたはオフライン モードのいずれかにできます。また、このタブを使用して、サーバでもホスト可能な仮想マシン テンプレートを追加することもできます。さらに、サーバ自体をグループに追加することもできます。

1.[追加] をクリックし、目的のサーバにログインします。

サーバへのログインについては、「サーバへのログイン」をご参照ください。サーバにログインするために使用する認証資格情報は「参照認証資格情報」と呼ばれます。この認証資格情報を使用して、サーバに接続し、サーバでホストされるコンピュータを列挙します。

接続後、サーバが左側のウィンドウに表示されます。サーバでホストされる仮想マシンは、右側の表に表示されます。この時点では、サーバ自体をグループに追加するか、個別の仮想マシンを追加できます。

コンピュータを表示するには、データ センター、フォルダ、または個別のコンピュータで、サーバ権限を設定する必要があります。特定の仮想マシンの権限を設定しない場合は、右側のウィンドウに表示されません。

ヒント:サーバは [仮想インベントリ] リストにも表示されます。

2.サーバまたは個別のホストされたコンピュータをグループに追加します。

1 つ以上のサーバをグループに追加するには、左側のウィンドウでサーバを選択し、[サーバをグループに追加] をクリックします。

コンピュータ グループのサーバが処理される方法は、グループの使用方法によって異なります。グループに対してパッチ スキャンを実行する場合は、サーバでホストされるすべての仮想マシンがスキャンされます。セキュリティ情報スキャンを実行するか、グループに対してスクリプトを実行する場合は、サーバだけが影響を受けます。

個別のホストされたコンピュータをグループに追加するには、右側のウィンドウで、追加する仮想マシンを選択し、[コンピュータをグループに追加] をクリックします。

サーバまたは仮想マシンが、コンピュータ グループの下部ウィンドウに追加されます。個別のコンピュータで必要な場合は、必ず、認証資格情報を指定してください。

また、仮想マシン テンプレートをコンピュータ グループに追加できます。テンプレートは固有のアイコン () で識別されます。詳細については、「仮想マシン テンプレートに関する注記」をご参照ください。

同時に複数のサーバにログインできます。サーバで検出されるすべての仮想マシンは、右側の表に表示されます。サーバ表には、サーバ タイプ (VI = 仮想インフラストラクチャ サーバ、ESX = ESX Server) およびサーバ名が示されます。仮想マシン表には、次のような各仮想マシンに関するさまざまな情報が表示されます。

親 ESX サーバ:仮想マシンをホストするために使用される ESX サーバの名前。

VM 名:サーバで管理されている仮想マシンの名前。

CPU:仮想マシンが使用可能な中央処理装置 (CPU) 数。

メモリ:仮想マシンが使用可能なメモリ量 (MB)。

ディスク領域:仮想マシンが使用可能なディスク領域 (GB)。

オペレーティング システム:仮想マシンで使用されているオペレーティング システム。

最後に確認された電源状態:仮想マシンの最後の既知の状態 (電源オン、電源オフ、または一時停止)。

IP アドレス:仮想マシンの IP アドレス。

ホスト名:仮想マシンをホストしているネットワークのコンピュータ名。

両方の表で列を並び替えるには、列ヘッダーを新しい場所にクリックしてドラッグします。また、列ヘッダーをクリックすると、列を昇順または降順で並び替えることができます。

[ホストされた仮想マシン] タブには次のボタンが表示されます。

サーバの追加

 

VMware ESX Server または仮想インフラストラクチャ サーバにログインできます。ログインが成功した後は、サーバおよびホストされた仮想マシンが表示され、選択可能になります。

サーバの更新

選択したサーバに再接続し、サーバでホストされる仮想マシンのリストが更新されます。

サーバの編集

選択したサーバに接続するために使用される情報を編集できます。

 

サーバの削除

選択したサーバを表から削除します。サーバでホストされるすべての仮想マシンが、右側の表から削除されます。

サーバをグループに追加

左側のウィンドウで目的のサーバを選択し、[サーバをグループに追加] をクリックします。サーバが下部ウィンドウに追加されます。サーバを追加すると、サーバによってホストされるすべての仮想マシンが効果的にコンピュータ グループに追加されます。

コンピュータをグループに追加

個別の仮想マシンをコンピュータ グループに追加するには、右側の表で、目的の仮想マシンを選択し、[コンピュータをグループに追加] をクリックします。仮想マシンをホストするために使用されているサーバが既にコンピュータ グループに追加されている場合でも、個別の仮想マシンを追加できます。この場合、技術的には仮想マシンが 2 回リストに登録されますが、1 回しかスキャンされません。この処理はすべての重複エントリに適用されます。

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他