Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> クイック スタート > セットアップ > コンピュータ グループへのコンピュータの追加 > IP アドレスによるコンピュータの追加

IP アドレスによるコンピュータ グループへのコンピュータの追加

個別の IP アドレスを入力するか、IP アドレス範囲を定義すると、コンピュータをコンピュータ グループに追加できます。

個別の IPv4 アドレスの追加

1.[IP アドレス/範囲] タブを選択します。

2.[IP アドレスを入力] ボックスに IP アドレスを入力します。

3.[個別追加] をクリックします。

特定の IP アドレスを除外する場合は、[除外] チェック ボックスをオンにしてから、[個別追加] をクリックします。IP アドレスはコンピュータ リストに追加されますが、スキャンの対象にはなりません。詳細については、「特定のコンピュータの除外」をご参照ください。

IPv4 アドレス範囲の追加

1[IP アドレス/範囲] タブを選択します。

2.[IP 範囲を入力] ボックスに 開始および終了 IP アドレスを入力します。

3.[範囲の追加] をクリックします。

個別の IPv6 アドレスの追加

1[IP アドレス/範囲] タブを選択します。

2.[IPv6 アドレスを入力] ボックスに IPv6 アドレスを入力します。

3.[個別追加] をクリックします。

外部ソースから IP アドレスをインポートする

また、次のボタンを使用し、外部ソースから IP アドレスをインポートして、IP アドレスを追加することもできます。

 

ファイルからインポート (個別)

および

ファイルからインポート (範囲)

 

以前に作成したテキスト ファイルから個別の IP アドレスまたは IP アドレスのリストをインポートできます。テキスト ファイルは手動で作成するか、任意のネットワークベースのツールを使用して作成できます。テキスト ファイルの各 IP アドレスは、復帰改行文字またはカンマで区切る必要があります。

IP 範囲を定義するときには、次のように、開始 IP アドレスと終了 IP アドレスの間にダッシュを入れます。

172.16.1.1-172.16.1.255

ファイルへのリンク (個別)

および

ファイルへのリンク (範囲)

また、インポートせずに、動的に IP アドレスをテキスト ファイルにリンクできます。ファイルをコンピュータ グループにリンクする方法は、内容のインポートとは異なります。内容のインポートは 1 回だけ実行し、その後に、ファイルの情報がコンピュータ グループに統合されます。ファイルをコンピュータ グループにリンクする場合は、ファイルへの変更内容が自動的に次回のスキャンに反映されます。詳細については、「ファイルとコンピュータ グループの関連付け」をご参照ください。

 

IP アドレスを追加するときには、コンピュータ グループ ウィンドウの下部に新しいエントリが表示されます。

常にコンピュータ グループのコンピュータの認証資格情報を指定することをお勧めします。詳細については、「認証資格情報の指定」をご参照ください。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他