Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> パッチ管理 > パッチの配布 > パッチの自動配布

パッチの自動配布

Ivanti Patch for Windows® Servers を構成することで、スキャンの実行後に、すべての未適用のパッチを自動的にコンピュータに配布できます。これにより、一度に更新できるため、ドメイン スキャンを実行するときに特に有効です。自動配布を実行するには、ホームページまたは [処理の実行] ダイアログで適切な配布パッケージ オプションを有効にします。

 

以下に、スキャンの後に不足しているパッチを自動的に配布するように Ivanti Patch for Windows® Servers を設定する方法を示します。

次のステージ配布パッケージ オプションのいずれかを選択します。

スキャンの直後:ステージング処理はスキャンが完了するとすぐに開始します。ステージング手順には、配布パッケージの作成と、ターゲット コンピュータへのパッケージのコピーがあります。

スケジュール時刻:ステージング処理が実行される日時を選択できます。スケジュールされた配布時刻には、スキャンを実行したコンピュータが使用可能な状態でなくてもかまいません。

パッチ配布中に使用する配布テンプレートを選択します。

次の [パッチをインストールする] オプションのいずれかを選択します。

ステージング後ただちにインストールする:ステージングされたパッチはターゲット コンピュータにただちにインストールされます。

スケジュール時刻:ステージングされたパッチは、選択時にターゲット コンピュータにインストールされます。

次回の再起動時にインストールする(ログインは不要):ステージングされたパッチ ファイルは、次回ターゲット コンピュータが再起動するまで開始しません。

オフラインのホストされた仮想マシンは例外であり、配布処理がただちに開始されます。詳細については、「仮想マシンへのパッチの配布」をご参照ください。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他