Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> エージェント > エージェントの使用方法 > エージェントのプロキシ サーバ設定の構成

Ivanti Patch for Windows® Servers Agentのプロキシ サーバ設定の構成

直接接続またはクラウド[Ivanti Patch for Windows® Servers Agent 登録] ダイアログで、[プロキシの構成] ボタンをクリックすると、[プロキシの構成] ダイアログが表示されます。このダイアログでは、登録処理中にエージェントが使用するプロキシ設定を指定できます。

 

ネットワーク接続でプロキシ サーバを使用する

ブラウザを起動してインターネットにアクセスするたびに、ユーザ名とパスワードを入力する必要がある場合は、一般的にプロキシ サーバが使用され、このチェック ボックスをオンにする必要があります。プロキシ サーバを使用しない場合は、このチェック ボックスをオフにしてから、[OK] をクリックします (ダイアログの残りの項目は無視してかまいません)。

自動的にプロキシ設定を検出する

Web Proxy Auto Discovery プロトコルを使用して、プロキシ設定を自動的に決定する場合は、このチェック ボックスをオンにします。この場合、[プロキシ サーバ アドレス] [プロキシ サーバ ポート] オプションをスキップできます。

プロキシ サーバ アドレス

プロキシ サーバの IP アドレスを入力します。

プロキシ サーバ ポート

プロキシ サーバにアクセスするときに使用するポート番号を入力します。

ローカル アドレスの場合プロキシ サーバをバイパスする

オンの場合、エージェントがローカル ネットワークのデバイスに接続するときに、プロキシ サーバを使用しないことを示します。

次の場合プロキシ サーバを使用しない

プロキシ サーバを使用しない 1 つ以上の IP アドレスを指定できます。複数の例外エントリを指定する場合は、セミコロンで区切る必要があります。

プロキシ サーバは次のタイプの認証を使用する

オプション:

基本認証:プレーン テキスト形式の認証資格情報が、ネットワーク上でプロキシ サーバに送信されます。

ダイジェスト認証:ネットワーク上でプロキシ サーバに送信される前に、認証資格情報はハッシュ機能によって暗号化されます。

NTLM 認証:Windows NT LAN Manager (NTLM) 認証は、プロキシ サーバに認証資格情報を送信するときに使用されます。

ネゴシエート認証:エージェントとプロキシ サーバは、使用する認証方法を決定するためにネゴシエートします。

プロキシ サーバのユーザ名

プロキシ サーバでの認証時に使用するユーザ名を入力します。

登録処理が完了し、エージェントにポリシーが設定された後、エージェントはここで指定したユーザ名とパスワードではなく、エージェント ポリシーで指定したプロキシ認証資格情報を使用します。

プロキシ サーバ パスワード

プロキシ サーバでの認証時に使用するパスワードを入力します。

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他