Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > 配布サーバの使用方法 > システム アカウントのアクセス権の設定

システム アカウントのアクセス権の設定

Ivanti Patch for Windows® Servers 内で [配布サーバ] ダイアログを使用して、配布サーバを構成する他に、次の条件が当てはまる場合は、適切な共有権限とセキュリティ権限を使用して、システム コンピュータ アカウントを指定する必要があります。

配布サーバがコンソールと同じコンピュータにある場合は、ローカル コンピュータのシステム アカウントには配布サーバ フォルダへの読み書き権限が必要です。

エージェントが配布サーバ コンピュータにインストールされる場合は、コンピュータのシステム アカウントに配布サーバ フォルダへの読み取り権限が必要です。

配布サーバと認証するときに使用するコンソールの認証資格情報を指定せず、自動同期を使用している場合は、Ivanti Patch for Windows® Servers コンソール コンピュータのシステム アカウントに配布サーバ フォルダへの読み書き権限が必要です。

これらの 3 つの特殊な状況では、配布サーバへのアクセスで使用されるのは、システム アカウントであり、[配布サーバ] ダイアログで指定された認証資格情報ではありません。共有権限とセキュリティ権限が設定されていない場合、配布サーバ同期エラーが発生し、ローカル エージェントが更新できない可能性があります。

Windows エクスプローラを使用して、配布サーバ フォルダを右クリックし、[プロパティ] を選択し、[共有] タブと [セキュリティ] タブをクリックし、アカウント権限を設定します。コンソール コンピュータのシステム アカウント (箇条書き項目 3) のアクセス権を設定するときには、アクセス権を設定する前に、コンソール コンピュータのシステム アカウント名を [グループまたはユーザ名] リストに追加する必要があります。

 

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他