Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > 複数のコンソールの管理 > オフライン コンソール構成 > オフライン 構成でのセントラル コンソールの構成

オフライン 構成でのセントラル コンソールの構成

I. データ ロールアップ サービスの構成 (任意)

これは任意ですが、データ ロールアップ機能を使用し、1つのセントラル サイトから各リモート コンソールでの処理内容を追跡できるようにすることをお勧めします。

1.[ツール] > [オプション] > [データ ロールアップ] を選択します。

2.[結果を承認してロールアップ送信者から結果をインポートする] チェックボックスをオンにします。

II.配布サーバの設定

リモート コンソールがアクセスできる配布サーバを設定する必要があります。セントラル コンソールは必要なファイルを配布サーバにダウンロードし、リモート コンソールは同じファイルを配布サーバからダウンロードします。

配布サーバの構成の詳細については、「配布サーバの構成」をご参照ください。

III.最新のファイルを使用した配布サーバの更新

まず、最新のスキャン エンジン、XML データ ファイル、およびパッチを Web からセントラル コンソールのパッチ ダウンロード ディレクトリにダウンロードする必要があります。

1社内で承認されたパッチをダウンロードします。

パッチ ダウンロードの詳細については、「パッチのダウンロード」をご参照ください。

2.[ヘルプ] > [ファイルの更新] を選択し、最新のスキャン エンジンと XML データ ファイルをダウンロードします。

セントラル コンソールを配布サーバと同期し、スキャン エンジン、XML データ ファイル、およびパッチをセントラル コンソールから配布サーバにコピーします。詳細については、「サーバの同期」をご参照ください。

最新のエンジンと XML データ ファイルを自動的にダウンロードし、すべての配布サーバを同期するように、Ivanti Patch for Windows® Servers を構成することもできます。詳細については、「サーバの同期」をご参照ください。

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他