Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > ユーティリティ > コンソールへのエイリアスの割り当て

コンソールへのエイリアスの割り当て

警告!  [コンソール エイリアス エディタ] ダイアログで、誤って既存のエントリを変更または削除すると、エージェントがコンソールに接続する際、またはエージェントレス コンピュータが配布ステータス メッセージを報告しようとする際に、問題が生じるおそれがあります。資格のあるシステム管理者のみが、既存の名前または IP アドレスを変更してください。

ヒント:通常、このツールは、前のバージョンの Ivanti Patch for Windows® Servers からアップグレードするときに使用されます。

[コンソール エイリアス エディタ] ツールの主な使用方法は2つあります。

エージェント チェックイン:エージェントが Ivanti Patch for Windows® Servers コンソールにチェックインするときには、接続したコンピュータが信頼できるコンピュータであることを検証する必要があります。この検証は、エージェントとコンソール間で交換される証明書に含まれる信頼できる名前と IP アドレスを使用して行われます。コンソール コンピュータを新しいドメインに割り当てる場合や、新しい共通名や IP アドレスを割り当てる場合は、古い名前やアドレスでコンソールを認識するすべての既存のエージェントはコンソール コンピュータを信頼しなくなります。この問題を回避するには、古いコンソール名またはアドレスを信頼できるエイリアスとして指定します。これは、[コンソール エイリアス エディタ] ツールで行われます。

パッチ配布のピングバック:エージェントレス コンピュータへのパッチ配布は、Ivanti Patch for Windows® Servers Deployment Trackerを使用して監視できます。エージェントレス コンピュータがステータス メッセージをコンソールに表示するには、コンソールの有効な名前または IP アドレスがコンピュータで認識されている必要があります。有効な名前または IP アドレスは [コンソール エイリアス エディタ] で定義し、パッチ配布がコンソールから開始される際にコンピュータに渡されます。

レポートのみロールが割り当てられたユーザは、このメニュー コマンドを使用できません。

1.[ツール] > [コンソール エイリアス エディタ] を選択します。

[コンソール エイリアス エディタ] ダイアログが表示されます。現在コンソール名を識別するために使用される名前と IP アドレスが表示されます。

2.コンソール コンピュータのエイリアスとして使用する名前または IP アドレスを入力します。

IPv4 または IPv6 形式を使用して、IP アドレスを指定できます。

3.[更新] をクリックします。

[更新] ダイアログが表示されます。

コンソール エイリアスを更新するには、コンソール サービスを再起動する必要があります。Ivanti Patch for Windows® Servers を閉じてから手動で再起動する必要があります。

重要!エージェントは、再起動したコンソールにチェックインするまで、新しいエイリアスを認識しません。チェックインは、エージェントによって手動で開始するか、エージェント クライアント プログラムまたはスケジュールされたチェックイン経由で手動で開始する必要があります。コンソールからエージェントに発行されたチェックイン コマンドでは、コンソール認証資格情報は更新されません。

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他