Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> パッチ管理 > カスタム パッチ XML ファイルの作成 > 新しいカスタム XML ファイルの作成

新しいカスタム XML ファイルの作成

カスタム XML ファイルを作成するには、 カスタム パッチ ファイル エディタを使用します。

1.[ツール] > [カスタム パッチ ファイル エディタ] を選択し、カスタム パッチ ファイル エディタを表示します。

[カスタム パッチ ファイル エディタ] ダイアログが表示されます。

2.[ファイル] > [新規] を選択するか、右側のウィンドウの [新しいカスタム XML ファイルの作成] リンクをクリックし、新しいカスタム XML ファイルを作成します。

[新しいカスタム ファイル] ダイアログが表示されます。

3.[ファイル] > [名前を付けて保存] を選択し、ファイルの名前と場所を指定し、新しいカスタム XML ファイルを保存します。

ファイルには任意の一意の名前を指定できます。ファイルは任意の場所に保存できますが、論理的な保存場所はプログラムの DataFiles フォルダです。

DataFiles フォルダは次の場所にあります。C:\ProgramData\LANDESK\Shavlik Protect\Console\DataFiles

これは、プログラムで使用される他のすべての XML ファイルを保存するディレクトリです。

4.右側のウィンドウのフィールドを使用して、ファイル特性を定義します。

 

最終変更時刻

この読み取り専用フィールドは、カスタム XML ファイルが最後に変更された時刻を示します。

 

カスタム XML 表示名

一意のファイル名を入力します。

カスタム XML 説明

ファイルの目的を説明する内容を入力します。

XML の検証

XML ファイルの形式が正しく有効であることを確認するには、このボタンをクリックしてください。XML ファイルを修正する際には、必ずXML ファイルを検証してください。検証を実行する前には必ずファイルを保存し、最新のファイルが検証されるようにしてください。

検証結果

最新の検証チェック結果を表示します。

5.このカスタム XML ファイルに含めるセキュリティ情報、製品、およびパッチを定義します。

カスタム XML ファイルで項目を定義する順序

新しい製品のパッチを作成する:

項目を作成する順序:

1新しいカスタム製品を作成します。

2.新しいセキュリティ情報を作成するか、パッチを既存のセキュリティ情報に関連付けます。

3.新しいパッチを作成します。

既存の製品のパッチを作成する:

項目を作成する順序:

1新しいセキュリティ情報を作成するか、パッチを既存のセキュリティ情報に関連付けます。

2.新しいパッチを作成します。

詳細については、次のトピックをご参照ください。

カスタム製品の作成

カスタム セキュリティ情報の作成

カスタム パッチの作成


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他