Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > ITScript > カスタム スクリプトの作成

カスタム スクリプトの作成

Ivanti Patch for Windows® Servers Advanced ライセンスがある場合、またはIvanti Patch for Windows® Servers Standardを使用し Advanced ITScript アドオンのライセンスがある場合は、Ivanti Patch for Windows® Servers 環境と完全に統合される独自のスクリプトを作成してインポートできます。カスタム スクリプトを作成するときには、次のようないくつかの基本ガイドラインに従う必要があります。

スクリプトには、スクリプトを一意に識別し、機能と入力パラメータを記述するメタデータを含める必要があります。

スクリプトには、コンソールが実行されているコンピュータによって信頼される機関の署名が必要です。

スクリプトは Ivanti によって提供され、Ivanti Patch for Windows® Servers で使用される目的で設計されている任意の数の変数と機能を使用できます。

カスタム スクリプトの作成の詳細については、Web サイトにある『Guidelines for Creating Custom Patch for Servers Scripts (サーバ スクリプト用のカスタム パッチ作成のためのガイドライン)』をご参照ください。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他