Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > ITScript > ITScript テンプレートの作成

ITScript テンプレートの作成

ITScript テンプレートは、特定のスクリプトの実行方法を定義するために使用されます。テンプレートで指定する項目:

実行するスクリプト

スクリプトで使用される入力パラメータの値

スクリプトが同時に実行できる最大コンピュータ数

Ivanti Patch for Windows® Servers では、任意の数の ITScript テンプレートを作成できます。新しい ITScript テンプレートを作成するには、メイン メニューから [新規] > [ITScript テンプレート] を選択します。[ITScript テンプレート] ダイアログ ボックスが表示されます。

 

 

名前

このテンプレートに割り当てる名前。

説明

テンプレートの説明。

スクリプト

このテンプレートで実行するスクリプトを選択します。スクリプト カタログ マネージャに含まれる承認済みスクリプトのみを選択できます。スクリプト カタログ マネージャには、各スクリプトの詳細情報も表示されます。

パラメータ

スクリプトで使用される入力パラメータと、テンプレートで使用されるパラメータ値が表示されます。パラメータ値を修正するには、パラメータをダブルクリックするか、パラメータを選択して [編集] をクリックします。[スクリプト パラメータの編集] ダイアログが表示されます。

修正されたパラメータ値はテンプレートにのみ適用されます。元のスクリプトの値は変更されません。また、文字列値は引用符 ("*" など) で囲む必要があります。数値の場合、引用符は不要です。

最大同時実行数

このオプションは target type = Console のスクリプトには適用されません。

同時にスクリプトを実行できる対象コンピュータの最大数を指定します。有効な値は 1 ~ 256 です。この値をコンソール コンピュータの CPU 数の 4 倍にすることをお勧めします。(例:8 つのコアがあるコンピュータの場合、[最大同時実行数] 値は 32 になります。)この値を設定するときには、ネットワーク速度と帯域幅も考慮する必要があります。

SSL を使用します

このオプションは target type = WinRM Remoting のスクリプトでのみ使用できます。

コンソールが SSL 接続を使用して対象コンピュータに接続する場合は、このチェック ボックスを有効にします。

初期状態では、[ツール] > [オプション] > [ITScript] ダイアログでこの値を設定しますが、この値はここで上書きできます。

ポート

このオプションは target type = WinRM Remoting のスクリプトでのみ使用できます。

対象コンピュータに接続するときに、コンソールで使用されるポートを指定できます。既定値は次のとおりです。

SSL を使用していない場合、既定値は 5985 です。

SSL を使用している場合、既定値は 5986 です。

初期状態では、[ツール] > [オプション] > [ITScript] ダイアログでこの値を設定しますが、この値はここで上書きできます。

 

テンプレートを保存するには、[保存] をクリックします。変更を保存せずにダイアログを閉じるには、[キャンセル] をクリックします。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他