Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> エージェント > エージェント ポリシーの構成 > パッチ タスクの作成と設定

新しいパッチ タスクの作成

パッチ タスクは、対象コンピュータがインストールされていないパッチをスキャンする方法と日時を定義します。未インストールと判定されたパッチを任意で配布することもできます。パッチ タスクを作成しない場合、このポリシーが割り当てられているエージェントによってパッチ スキャンまたはパッチ配布が実行されません。

1 つのエージェント ポリシーにつき、複数のパッチ タスクを作成できます。タスク タイトルバーにある表示/非表示三角 () を使用すると、各タスクを展開および折りたたみできます。これで、作業中のタスクだけを一度に表示できます。

エージェント ポリシーで作成できるパッチ タスク数には理論的な上限がありませんが、運用上の上限はあります。たとえば、パッチ タスクが多すぎる場合、ポリシーの追跡と管理が困難になる可能性があります。また、複数の異なるパッチ タスクでパッチ配布を有効にした場合、問題が発生する可能性もあります。スキャンは比較的ユーザに対して透過的ですが、パッチの配布はユーザのコンピュータの再起動を伴うことが多く、透過的ではないためです。また、同じコンピュータで同時に複数の配布を実行するリスクがあります。

エージェント パッチ タスクは [パッチ] タブで構成します。既存のパッチ タスクを編集したり、[パッチ タスクの追加] をクリックすると新しいタスクを作成できます。タスク名はクライアント プログラム内でユーザに表示されるため、タスクにはわかりやすい名前を付けてください。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他