Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> エージェント > エージェントの使用方法 > 手動インストール スクリプトの作成と使用

手動インストール スクリプトの作成と使用

Ivanti Patch for Windows® Servers Agent を手動でコンピュータにインストールするときには、すべての必要なエージェント情報をインストール ウィザードに渡すスクリプトを作成できます。スクリプトをキー フォブまたは USB ブラッシュ ドライブにコピーしてから、エージェントをインストールするコンピュータ間で簡単に移動できます。

次のスクリプトはサンプルです。入力値を修正し、適切なテストを実行せずに、このスクリプトをそのまま使用することはご遠慮ください。

パスフレーズ認証のサンプル スクリプト

STPlatformUpdater.exe /wi:"/qn /l*v install.log SERVERURI=https://consolename:3121 POLICY=policyname AUTHENTICATIONTYPE=PASSPHRASE PASSPHRASE=secret"

Windows 認証のサンプル スクリプト

STPlatformUpdater.exe /wi:"/qn /l*v install.log SERVERURI=https://consolename:3121 POLICY=policyname AUTHENTICATIONTYPE=WINDOWS SERVERUSERNAME=domainname\Your.Name PASSWORD=secret"

クラウド エージェント インストールのサンプル スクリプト

STPlatformUpdater.exe /wi:"/qn /l*v install.log ACTIVATIONKEY=12345abc-2abc-3abc-4abc-123456789abc"

ここでは、各パラメータは次の情報を表します。

STPlatformUpdater はエージェント プラットフォーム インストールのためのブートストラップ インストーラです。

/wi はこれを Windows インストーラに渡すことを意味します。

/qn はインストーラからユーザ インタフェース操作がないことを意味します。

/l*v はインストール試行のログを書き込むことを意味します。ログ ファイル名を指定するパラメータは 1 つです。

SERVERURI はアドレス、ポート、およびスキーマ (https://) であり、登録およびチェックイン目的でコンソールに接続するために使用されます。

POLICY は、エージェントに割り当てられるエージェント ポリシー名です。

AUTHENTICATIONTYPE は PASSPHRASE または WINDOWS です ([ツール] > [オプション] > [エージェント] ダイアログで指定されます)。

PASSPHRASE はエージェントがコンソールで認証するために使用するパスフレーズです (AUTHENTICATIONTYPE=PASSPHRASE の場合にのみ使用)。

SERVERUSERNAME はエージェントをインストールする権限を持つユーザ名です (AUTHENTICATIONTYPE=WINDOWS の場合にのみ使用)。

PASSWORD はユーザがコンソールで認証するために使用するパスワードです (AUTHENTICATIONTYPE=WINDOWS の場合にのみ使用)。

スクリプトを実行するためにログインしたユーザの認証資格情報を使用して認証する場合は、SERVERUSERNAME および PASSWORD の代わりに、USECURRENTCREDENTIALS=1 を使用できます。

ACTIVATIONKEYProtect Cloud サービスを使用して作成された認証キーです。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他