Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> クイック スタート > セットアップ > 認証資格情報の指定と管理 > オフラインでホストされた仮想マシンの認証資格情報の優先度

オフラインでホストされた仮想マシンの認証資格情報の優先度

ホーム ページ、コンピュータ グループ、またはお気に入りからの処理の開始

ホーム ページ、コンピュータ グループ、およびお気に入りを使用して、パッチ スキャン資産スキャン、 および電源管理処理を実行し、スクリプトを実行できます。これらの処理を実行するときには、Ivanti Patch for Windows® Servers認証資格情報の参照を使用して、オフラインでホストされた仮想マシンでの認証を試みます。

コンピュータ ビューまたはスキャン ビューからの処理の開始

コンピュータ ビューまたはスキャン ビューからスキャン、 パッチ配布、または電源管理処理 を開始するときには、オフライン仮想マシンでの認証に使用される認証資格情報は、最初のスキャン時のコンピュータの電源状態によって異なります。

コンピュータが最初にオフライン モードでスキャンされた場合

認証資格情報の参照を使用して、認証を試行します。

コンピュータが最初にオンライン モードでスキャンされた場合

さまざまな認証資格情報を使用して認証を試行し、次の方式を採用します。

1.手動または自動で割り当てられた管理コンピュータの認証資格情報を使用します (「コンピュータの認証資格情報の指定」の「仮想マシンへの認証資格情報の割り当て」を参照)。

2.次が使用可能な場合、優先度が最も高い認証資格情報を使用して認証を試行します。優先度は次のとおりです。

(a) コンピュータ グループの管理者認証資格情報。管理者認証資格情報が存在して失敗する場合、既定の認証資格情報は試行されません。

(b) 既定の認証資格情報 (コンソールではなくエージェントがスキャンを実行した場合など、スキャン認証資格情報が無効か見つからない場合に使用)。

3.上記の認証資格情報が動作しない場合、統合 Windows 認証 (プログラムに現在ログインしているユーザの認証資格情報) が使用されます。

オフライン仮想マシンへの配布または再スキャンでは、統合認証資格情報は動作しません。

上記の認証資格情報がいずれも動作しない場合、処理は失敗します。

 

参照:

仮想マシンへのパッチの配布

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他