Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> パッチ管理 > 配布テンプレート > 配布テンプレート: カスタム処理タブ

配布テンプレート:カスタム処理タブ

Ivanti Patch for Windows® Servers Agent では、このタブの機能はサポートされていません。

このタブでは、パッチが適用されているコンピュータにカスタム ファイルをプッシュし、パッチ配布中に実行されるカスタム コマンドをプログラムできます。カスタム処理には、特定のコマンドの実行や、配布処理中の指定した時刻でのカスタム バッチ ファイルの呼び出しなどがあります。テンプレートを使用するすべての配布中に実行されるか、特定のパッチまたはサービス パックをインストールする配布中にだけ実行される処理およびカスタム ファイルを指定できます。

新しい処理をプログラムするには、[新規] をクリックします。[カスタム処理] ダイアログが表示されます。

手順 1:コマンドをトリガーするパッチ配布処理を指定します。

このテンプレートを使用するすべての配布:カスタム ロギングなどの処理を実行できます。

次で選択したパッチ/サービス パックを配布する場合のみ:この配布テンプレートを使用する特定のパッチまたはサービス パックを対象コンピュータにプッシュする場合のみ、処理を実行できます。

手順 2:手順 1 で、特定のパッチまたはサービス パックの配布だけがコマンドをトリガーするように指定した場合は、ここでこのファイルを指定します。

手順 3:パッチ配布処理中にコマンドがトリガーされるタイミングを指定します。次のオプションを選択できます。

ファイルのプッシュ (配布の一部として、カスタム バッチ ファイルまたはカスタム実行ファイルをターゲット コンピュータにプッシュ配信します)

いずれかのパッチがインストールされる前

各パッチまたは選択したパッチ/サービスパックがインストールされる前

各パッチまたは選択したパッチ/サービスパックがインストールされた後

すべてのパッチがインストールされた後 (再起動前)

再起動後

手順 4:プッシュするファイルまたは実行するコマンドを指定します。手順 3 で指定した時点で、コマンドがパッチ インストール バッチ ファイルに挿入されます。手順 3 で [ファイルのプッシュ] を指定した場合は、指定したファイルが対象コンピュータにコピーされ、C:\Windows\ProPatches ディレクトリに配置されます。基本のフォルダの場所は、[コンピュータ プロパティ] ダイアログ [パッチ ドライブ パス] で変更できます。%PATHTOFIXES%file_name を指定すると、他のカスタム処理でファイルを参照できます。

例 1:ファイル myFile.exe をプッシュする場合は、次のカスタム コマンドを使用してファイルを実行できます。%PATHTOFIXES%myFile.exe

例 2:バッチ ファイル myCommands.bat を対象コンピュータにプッシュする場合は、次のカスタム コマンドを使用して、配布の適切な時点でバッチ ファイルを呼び出すことができます。
call%PATHTOFIXES%myCommands.bat


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他