Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> パッチ管理 > 配布テンプレート > 配布テンプレート: 配布サーバ タブ

配布テンプレート:配布サーバ タブ

 

コンソール プッシュ

有効な場合、すべてのパッチのソースとして、配布サーバを使用せずに、コンソールを使用することを示します。

配布サーバを使用する

有効な場合、このテンプレートを使用した配布中に、すべてのパッチのソースとして、1台の配布サーバを使用することを示します。直後の3つのチェックボックスは、使用する配布サーバ (該当する場合) を決定するために使用されます。有効にしたオプションにのみ基づいて、使用可能な配布サーバが検索されます。この検索は一覧の順序で実行されます (優先度1、優先度2、優先度3)。[配布サーバを使用する] をオンにし、3つのソース オプションを1つも指定していない場合は、配布が失敗します。配布サーバの構成については、「配布サーバの構成」および「サーバへの IP アドレスの割り当て」をご参照ください。

配布サーバ経由でパッチが配布されるときには、パッチが対象コンピュータにプッシュされません。対象サーバは 1 つ以上の配布サーバからパッチをダウンロードします。パッチを配布可能にするには、パッチがコンソールのパッチ ダウンロード ディレクトリからサーバにコピーされなければなりません。配布サーバへのパッチのコピーについては、「サーバの同期」をご参照ください。

IP 範囲を使用する (優先度 1)

有効な場合、使用する配布サーバは対象コンピュータの IP アドレスによって決定されることを示します。このためには、事前に1 つ以上の IP 範囲が定義され、プライマリ配布サーバとバックアップ サーバにこの範囲が割り当てられてる必要があります。

特定のサーバを使用する (優先度 2)

 

必要に応じて、[IP 範囲を使用] オプションで定義されたプライマリおよびバックアップ配布サーバが使用できない場合に使用される特定の配布サーバを指定します。[IP 範囲を使用する] オプションが有効でない場合、ここで指定されているサーバが既定のサーバとなります。

ベンダーにフォールバック (優先度 3)

最初の 2 つのオプションで識別された配布サーバが使用できない場合、このチェック ボックスを有効にすると、パッチが適用されているコンピュータによって、パッチ ベンダーの Web サイトからパッチのダウンロードを試行できます。

カスタム パッチにはダウンロード URL がないため、このオプションはカスタム パッチには適用されません。カスタム パッチは、コンソールのパッチ ダウンロード ディレクトリから対象コンピュータにプッシュするか、対象コンピュータによって配布サーバからプルされる必要があります。

スケジュールされた開始時刻を配布 (分)

同時に多数のコンピュータにパッチを配布している場合、ほぼ同時にすべてのコンピュータで配布サーバからパッチのダウンロードが開始されます。このオプションを有効にする場合、コンピュータの開始時刻が指定した間隔でランダムに分散されます。これにより、ピーク時のネットワーク負荷を低減できます。

パッチを配布サーバから取得できない場合は再試行する

スケジュールされた配布時刻に、パッチを配布サーバから取得できない場合は、再試行を実行する頻度を指定できます。1つ以上のパッチが正常にダウンロードされた場合は、1つ以上のパッチが正常にダウンロードされなかった場合でも、再試行を実行せずに配布を再開できます。

なし:再試行は実行されず、配布が失敗します。

コンピュータの再起動後:ターゲット コンピュータが再起動するたびに、再試行を実行します。再起動の最大回数は3回です。3回の再起動が実行された後でもダウンロード処理が失敗している場合は、配布が失敗します。

コンピュータの再起動後とコンピュータの再起動前 (前回の失敗から15、30、60、120分後):最初の失敗から15、30、60、120分間隔で再試行が実行されます。ターゲット コンピュータの再起動時にも再試行が実行されます。2回連続して再起動した後にも再試行が実行されます。3回の再起動が実行された後でもダウンロード処理が失敗している場合は、配布が失敗します。

 

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他