Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> パッチ管理 > パッチの配布 > 配布のスケジュールと構成

配布のスケジュールと構成

パッチ配布が開始されると、[配布構成] ダイアログが表示されます。このダイアログでは、パッチの配布時刻と配布方法を正確に指定できます。

 

配布先

配布されるパッチ数および配布先のコンピュータ数を指定します。

配布方法

使用する配布テンプレートを指定します。このフィールドには 2 つのボタンが関連付けられています。

新規:新しい配布テンプレートを作成できます。

編集:選択した配布テンプレートを永久的に修正できます。

既定のテンプレート (エージェント標準標準、および仮想マシン標準) は修正できません。[編集] をクリックすると、既定のテンプレートを表示できますが、変更はできません。

ディスク領域要件

配布されるパッチのステータス情報を表示します。

配布パッケージのステージング

パッチを配布するタイミングをステージングします。ステージング手順には、配布パッケージの作成と、ターゲット コンピュータへのパッケージのコピーがあります。オプションは次のとおりです。

すぐに:[配布] をクリックすると、ステージング処理がすぐに開始されます。

スケジュール時刻:ステージング処理が実行される日時を選択できます。

配布パッケージの実行

ステージングされたパッケージを配布するタイミングを指定します。オプションは次のとおりです。

実行をスケジュールしない:Ivanti Patch for Windows® Servers でステージングされたパッチを配布しない場合は、このオプションを選択します。後からリモート コンピュータで手動でパッチ インストールを開始する場合は、このオプションを選択できます。

パッチが対象コンピュータにコピーされた後、パッチの配布には 2 つオプションがあります。

コンソールから配布する:標準方法のいずれかを使用して、配布を開始します。パッチ ファイルが既に対象コンピュータにダウンロードおよびコピーされているため、配布プロセスは通常より速くなります。

リモート コンピュータから配布する:リモート コンピュータから C:/Windows/ProPatches/Staged/<timestamp>/ ディレクトリを表示し、InstallPatches-#.bat という名前のバッチ ファイルを実行します。

パッチをインストールする:パッチをインストールする3つのオプションがあります。

ステージング直後:ステージングされたパッチはターゲット コンピュータにただちにインストールされます。

スケジュール時刻:ステージングされたパッチは、選択時にターゲット コンピュータにインストールされます。

次回の再起動時にインストールする(ログインは不要):ステージングされたパッチ ファイルは、次回ターゲット コンピュータが再起動するまで開始しません。

オフラインのホストされた仮想マシンは例外であり、配布処理がただちに開始されます。詳細については、「仮想マシンへのパッチの配布」をご参照ください。

再起動方法

選択したテンプレートで定義された現在の再起動手順が表示されます。 

コンピュータによって配布されるパッチ

ダイアログを拡張し、配布で選択されたコンピュータおよびパッチの詳細情報が表示されます。

配布

選択した配布オプションを使用してパッチを配布する準備が完了したら、このボタンをクリックします。配布プロセスの一部として対象コンピュータが再起動する場合、ボタン名は [配布 (コンピュータは再起動します)] となります。これは、再起動が行われることを確認するためのものです。

 

 

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他