Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > プログラム オプションの構成 > ダウンロード オプション

ダウンロード オプション

[ダウンロード] タブでは、プログラムで使用されるファイルのダウンロードおよび更新元の場所を指定できます。ファイルには、スキャン エンジン、ホーム ページに表示されるニュース ファイル、配布情報ファイル、およびパッチおよびサービス パック ファイルのダウンロード ソースがあります。インターネットの場所または指定した配布サーバが確認され、新しいバージョンのファイルがあるかどうかが判断されます。

 

パッチ ダウンロード ディレクトリ

パッチ ダウンロード ディレクトリの場所が表示されます。このディレクトリは、パッチ配布の前にダウンロードされるすべてのパッチを格納するために使用されます。

場所を変更するには、[参照] ボタンをクリックします。

重要!ディレクトリがネットワーク ドライブにある場合は、必ず UNC 命名規則を使用してください。マッピングされたドライブを指定しないでください。

リモート UNC 共有ディレクトリの使用

必要に応じて、パッチ ダウンロード ディレクトリのリモート共有ディレクトリを指定できます。このためには、リモート ディレクトリで適切なアクセス権を設定する必要があります。Ivanti Patch for Windows® Servers コンソール ユーザおよびコンソール コンピュータの両方に対して、ダウンロード ディレクトリへのアクセス権を付与する必要があります。コンソール ユーザには共有への読み書き権限、コンソール コンピュータには読み取り権限が必要です。コンピュータの共有権限を指定するときには、コンピュータ名の最後に「$」を付加する必要があります。

構成によっては、その他のユーザにもダウンロード ディレクトリへのアクセス権を付与する必要があります。配布サーバからパッチをダウンロードするコンピュータのコンピュータまたはコンピュータ グループ認証資格情報を指定する場合は、指定したユーザ アカウントにダウンロード ディレクトリ共有への読み取り権限を付与する必要があります。

ダウンロード ディレクトリ共有へのアクセス権を全員に付与する方法が有効であるかどうかは、状況によって異なります。有効性は次の条件の影響を受けます。

認証資格情報ユーザとダウンロード ディレクトリ ホストが同じ (信頼できる) ドメインに属しているかどうか

ローカル セキュリティ ポリシーの特性

定義ダウンロード ソース

このコンソールでダウンロードされた最新のスキャン エンジンおよびデータ ファイルが配置される場所を指定できます。使用可能なオプション:

スキャン前に定義を自動更新する:有効な場合、新しいスキャンが実行されるたびに、更新データを自動的に確認してダウンロードします。また、[ツール] > [定義の自動更新] メニュー コマンドからも、このチェック ボックスをオンにできます。

既定 (http://content.ivanti.com):ファイルをダウンロードするときに既定の場所が使用されます。ファイルは http://content.ivanti.com にあります。

カスタム共有または URL:ファイルをダウンロードするときに使用される共有のパス名または Web サイトの URL を指定する必要があります。この場所でファイルを提供することは管理者の責任です。

特定の配布サーバ:ファイルをダウンロードするときに使用される配布サーバ名を選択する必要があります。このボックスに名前を事前入力するには、1 台以上のサーバをあらかじめ構成しておく必要があります。サーバ同期機能を使用すると、最新バージョンのエンジンおよびデータ ファイルを定期的にダウンロードし、配布サーバにコピーできます。

配布サーバをダウンロード ソースとして使用するときには、固有の認証資格情報要件があります。詳細については、「配布サーバの構成」をご参照ください。

パッチとサービス パック ダウンロード ソース

このコンソールでダウンロードされた最新のパッチおよびサービス パック ファイルが配置される場所を指定できます。使用可能なオプション:

ベンダ Web サイト:コンソールから配布されるパッチは、パッチを開発した会社の Web サイトから直接ダウンロードされます。これは既定の設定です。Web サイトの場所はパッチ情報ファイルに格納されます。

他の 2 つのダウンロード オプションは、このコンソールがインターネットに接続していない場合、またはパッチおよびサービス パックがあらかじめセントラル ロケーションにダウンロードされているときに使用されます。

カスタム共有または URL:有効な場合、ファイルをダウンロードするときに使用される共有のパス名または Web サイトの URL を指定する必要があります。この場所でファイルを提供することは管理者の責任です。

特定の配布サーバ:有効な場合、パッチ ファイルをダウンロードするときに使用される配布サーバを選択する必要があります。このボックスに名前を事前入力するには、1 台以上のサーバをあらかじめ構成しておく必要があります。詳細については、「配布サーバの構成」をご参照ください。

一般的に、このオプションは自動コンソールまたはオフライン コンソール構成で使用されます。パッチおよびサービス パックはセントラル コンソールからダウンロードされ、配布サーバにプッシュされます。

このオプションを有効にした場合の影響として、ここで指定する配布サーバの自動同期をスケジュールできなくなります。理由理由この特定の状況では、コンソールを配布サーバと同期しないためです。同期すると、配布サーバの内容 (パッチおよびサービス パック) が、コンソールの内容 (場合によってはファイルがない) によって上書きされます。

スケジュールされた自動ダウンロード

 

プログラムを構成し、最新バージョンのパッチ スキャン エンジン、資産スキャン エンジン、およびすべての XML データ ファイルを定期的に自動的にダウンロードできます。スキャンの前に必要なファイルが使用できるため、スキャン処理が高速化されます。また、将来のパッチ配布で使用する可能性が高いパッチとサービス パックを自動的にダウンロードするように設定できます。

1.[追加] をクリックします。

[スケジュールされたダウンロード] ダイアログが表示されます。

2.ダウンロードを実行するタイミングを指定します。

[遅れ (日) を追加] ボックス (月次でダウンロードする場合に使用可能) を使うと、ダウンロードを最大20日まで遅らせることができます。たとえば、これを使用して、Patch Tuesday の4日後に必ず実行される月次ダウンロードをスケジュールできます。この場合、[第2火曜日] を指定してから、[遅れ (日) を追加] オプションを使用して、処理を4日間延期します。

3.[保存] をクリックします。

新しいスケジュールされたダウンロード エントリが表示されます。スケジュールされた時刻になると、該当するエンジンおよび定義ファイルがコンソールにダウンロードされます。

4.予測パッチ機能を使用する場合は、[予測パッチ ダウンロード] チェック ボックスを有効にします。

有効な場合、近い将来に配布される可能性が高いパッチは自動的にパッチ ダウンロード ディレクトリにダウンロードされます。パッチはスケジュールされたコア エンジンと定義のダウンロードに続き、すぐにダウンロードされます。予想される配布のパッチを事前にダウンロードすることで、配布処理が高速化します。この機能はエージェントレス配布、または配布サーバのサービスを使用してパッチを配布するエージェントに特に有益です。

予測パッチのさらなる詳細は次のとおりです。

次のパッチがコンソールのダウンロード ディレクトリにダウンロードされます。

最近のスキャンで検出され、まだダウンロードされていない不足しているパッチ。最近のスキャンとは、過去 45 日以内に実行されたパッチ スキャンを定義します。

対象コンピュータにあり、Ivanti Patch for Windows® Servers が推測できる製品の不足しているパッチ

XML パッチ データ ファイルに最近追加され、対象コンピュータの製品に適用される新しいパッチ。

新しいパッチまたは不足しているサービス パックがダウンロードされます

パッチとサービス パックは更新日時に従ってダウンロードされます (一番新しいものが最初にダウンロードされます)

この処理はスケジュールされたダウンロード セッションで、5 GB までのパッチとサービス パックをダウンロードします

ダウンロード ディレクトリ内に既に存在するパッチはダウンロードされません。

配布サーバと予測パッチを同期し、ダウンロードされたパッチのコピーを配布することができます。

予測パッチによってパッチがコンソールにダウンロードされるたびに、エントリがイベント履歴に記録されます

パッチ ダウンロードは、コア エンジンと定義のスケジュールされたダウンロードか、[コア エンジン/定義] を選択して [今すぐ実行] をクリックした時にトリガーされます。

パッチに異なる言語に対応した複数のパッケージがある場合、その製品でサポートされている言語バージョンだけがダウンロードされます。

予測パッチはソフトウェア配布パッチ (無料のサード パーティ アプリケーションのインストール パッケージであるパッチ) はダウンロードしません。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他