Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > プログラム オプションの構成 > 電子メール オプション

電子メール オプション

[電子メール] タブでは、自動電子メール機能を使用するかどうかを指定し、自動電子メール メッセージおよびアラートを送信する際に使用する SMTP サーバのプロパティを定義できます。(詳細については、「電子メールの概要」をご参照ください。)この機能を使用するためには、[通知と結果の電子メール送信を有効にする] チェック ボックスをオンにしてから、使用する SMTP サーバの名前と IP アドレスを指定します。

 

通知と結果の電子メール送信を有効にする

電子メール機能を使用する場合は、このチェック ボックスを有効にします。このチェック ボックスを有効にすると、このダイアログの関連オプションも有効になります。

サーバ名または IP アドレス

ローカル SMTP サーバの名前または IP アドレスを指定します。例:Exchange2.YourCompany.com

SMTP ポート

SMTP サーバで使用されるポートを指定します。既定値は 25 です。

TLS を使用する

対象コンピュータが Transport Layer Security (TLS) 接続を使用して SMTP サーバに接続する場合は、このチェック ボックスを有効にします。

送信者の電子メール アドレス

ユーザに送信されるメッセージの [差出人] アドレスに挿入される電子メール アドレスを指定します。既定のアドレスでは SMTP サーバで問題が発生する場合、SMTP サーバによって許可された電子メール アドレスに変更してください。(一部の SMTP サーバでは、特定のアドレスまたはドメインからのメールのみが許可されます。)

認証資格情報

SMTP サーバと認証するために使用する認証資格情報 (ユーザ名とパスワードの組み合わせ) を選択します。

共有された認証資格情報のみがこのリストに表示されます。検索している認証資格情報がリストにない場合、共有された認証資格情報として定義されていない可能性があります。認証資格情報の共有方法については、「認証資格情報の定義」をご参照ください。

受信者の電子メール アドレスをテスト

電子メール処理をテストするときに使用する既知の電子メール アドレスを指定します。

テスト電子メールの送信

指定した認証資格情報を使用して SMTP サーバに接続できることを検証するには、このボタンをクリックします。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他