Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> エージェント > エージェントの概要 > エージェント プロセスの仕組み

エージェント プロセスの仕組み

エージェントは Ivanti Patch for Windows® Servers インターフェイスで設定され、目的のコンピュータにインストールされます。インストールされると、各エージェントは定期的にコンソールにチェックインします。あるいは、接続していないエージェントの場合は、Protect Cloud サービスにチェックインできます。エージェントのチェックインの頻度は構成可能ですが、一般的にチェックインは 1 日に 1 回以上発生します。また、エージェントを構成することで、コンソールのポリシー更新をリスニングし、新しいポリシーをただちにダウンロードできます。

チェックイン中には、エージェントはコンソールを確認し、次の処理を実行します。

Protect Cloud 同期を使用している場合、プロセスが若干異なります。詳細については、「Protect Cloud 同期の概要」をご参照ください。

ライセンスが更新されます。エージェント ライセンスは、前回のチェックインから 45 日間有効です。

配布サーバが割り当てられているかどうか、および割り当てられているサーバ (割り当てられている場合) を確認します。

ポリシー設定の変更があるかどうかを確認します。ポリシーが変更された場合、新しいポリシーがコンソールからエージェントのプッシュされます。また、エージェントは、既定の Web サイトまたは割り当てられた配布サーバから、新しいスキャン エンジンと XML データを受信します。

任意の配布サーバまたはプロキシ サーバを認証するために必要な認証資格情報を受信します。

また、スケジュールされたスキャンが実行されるときには、エージェントは、既定の Web サイトまたは割り当てられた配布サーバから、新しいスキャン エンジンと新しい XML データをダウンロードします。

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他