Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > ITScript > ITScript の要件

ITScript の要件

ライセンス要件

使用可能な ITScript 機能は、ライセンス キーによって異なります。ライセンス レベルを確認するには、[ヘルプ] > [Ivanti Patch for Windows® Servers について] の順に選択します。

標準 Ivanti Patch for Windows® Servers ライセンスで使用可能な ITScript 機能

Shavlik が作成する無料のスクリプトにアクセスする

対象コンピュータに対してスクリプトを実行する

コンソールからスクリプトを実行する

PowerShell テンプレートを作成する

Ivanti Patch for Windows® Servers Advanced ライセンスで使用可能な ITScript 機能

Shavlik が提供するすべての定義済みスクリプトにアクセスする

独自のカスタム スクリプトをインポートする

ITScript Community Site にあるスクリプトなど、他のユーザが作成したカスタム スクリプトをインポートする

カスタム PowerShell モジュールを使用するスクリプトをインポートする

コンソールでカスタム スクリプトを実行する (target type = Console)

対象コンピュータに対してコンソールでカスタム スクリプトを実行する (target type = Any)

対象コンピュータで定義済みスクリプトとカスタム スクリプトを実行する (target type = WinRM Remoting)

ESXi Server および vCenter Server に対して定義済みスクリプトとカスタム スクリプトを実行する (target type = ESXi Hypervisor)

スクリプトをスケジュールする

スクリプト要件

Ivanti Patch for Windows® Servers でスクリプトを使用するには、2 つの基本要件があります。

スクリプトには、スクリプトを一意に識別し、機能と入力パラメータを記述するメタデータを含める必要があります。

スクリプトには、コンソールが実行されているコンピュータによって信頼される機関の署名が必要です。

これらの要件およびその他のスクリプト要件の詳細については、「カスタム スクリプトの作成」をご参照ください。

コンソール要件

Microsoft .NET Framework 4.6.1以降

Windows PowerShell 4.0 以降:Windows PowerShell は、システム管理および自動化のためのコマンド ライン シェルおよびスクリプト言語です。

オペレーティング システム:Ivanti Patch for Windows® Servers コンソールをサポートするすべてのオペレーティング システムも PowerShell 4.0 をサポートします。

ITScript のより高度な機能を利用するには、Ivanti Patch for Windows® Servers Advanced ライセンスが必要です。

PowerShell リモート処理を使用する場合:[ツール] > [オプション] > [ITScript] タブで使用する TCP ポートを検証する必要があります。また、WinRM スクリプトの実行時に、Ivanti Patch for Windows® Servers で対象コンピュータを一時的にコンソールの TrustedHosts リストに追加する必要がある場合は、使用する認証資格情報を選択します。

PowerShell リモート処理を使用するときまたは PowerShell プロンプトを開くときの対象コンピュータの要件

詳細については、PowerShell ヘルプ システムの「about_Remote_Requirements」をご参照ください。

Windows PowerShell 3.0 以降

Microsoft .NET Framework 2.0 SP2

Windows Remote Management 2.0 (WinRM 2.0) 以降:WinRM は Windows PowerShell とともに動作することで、リモート コンピュータのスクリプトを呼び出すことができます。

WinRM は Windows 7、Windows Server 2008 R2、および Windows Server 2008 R2 - Core に自動的に含まれますが、いずれのオペレーティング システムでも既定で有効ではありません。

ヒント:プロトコルを有効にし、既定の構成を設定する簡単な方法は、winrm quickconfig コマンドを使用することです。

Windows Server 2008 SP2、Windows Server 2003 SP2、Windows Vista SP2、および Windows XP SP3:これらのオペレーティング システムを使用している対象コンピュータには、WinRM 2.0 をダウンロードおよびインストールする必要があります (KB968929 を参照)。

TCP ポート 5985:これは既定のポートであり、WinRM プロトコルを許可するには、社内のファイアウォールでこのポートを構成する必要があります。WinRM リスナーで定義されている場合は、別のポートを使用できます。

対象コンピュータの認証資格情報を指定する必要があります。現在のログイン認証資格情報では、スクリプトを実行できません。

管理者要件:一部のリモート処理を実行するには、管理者権限 (管理者として実行) が必要です。

ユーザ要件:リモート接続を確立し、リモート コマンドを実行するには、現在のユーザがリモート コンピュータの Administrators グループのメンバーでなければなりません。あるいは、現在のユーザが管理者の認証資格情報を使用する必要があります。

Windows ネットワークの場所:Windows 7 などのクライアント バージョンの Windows でリモート処理を有効にするには、現在の Windows ネットワークの場所がドメインまたはプライベート (「ホーム」または「社内」) でなければなりません。ネットワークの場所がパブリックの場合、Windows PowerShell は WS-Management 通信のために必要なファイアウォール例外を作成できません。

構成要件:Windows PowerShell でリモート コマンドを受信するように構成するには、PowerShell コマンド プロンプトで「enable-psremoting」と入力します。

安全な接続の要件:安全な接続を使用する場合は、コンソールおよび各対象コンピュータで次の手順を実行する必要があります。

コンソール:[ツール] > [オプション] > [ITScript] タブ[SSL を使用します] チェック ボックスをオンにします。また、このタブでは、使用する安全な TCP ポートを選択する必要があります。

対象コンピュータ:各対象コンピュータには、1 つの署名済みの証明書および WinRM HTTPS ライセンスを含める必要があります。

PowerShell リモート処理を使用しないときの対象コンピュータの要件

対象コンピュータに追加のソフトウェアをインストールする必要がありません。スクリプトは、WinRM (PowerShell リモート処理) サービスを使用せずに選択した対象コンピュータまたはコンピュータグループに対して実行されます。コンソールの PowerShell クライアントは、リモート レジストリ サービス、リモート Windows ファイル共有、WMI サービスなどの他の Windows リモート処理サービスを使用して、対象コンピュータと通信します。必要なポートは、使用中の Windows サービスで必要なポートだけです。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他