Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> クイック スタート > セットアップ > コンピュータ グループの使用方法 > ファイルとコンピュータ グループの関連付け

ファイルとコンピュータ グループの関連付け

Ivanti Patch for Windows® Servers では、動的なメカニズムによって、コンピュータ グループを最新の状態に保つことができます。これは、特に、コンピュータ リストが適宜変更され、簡単に更新する必要がある場合に有効です。ファイルをコンピュータ グループにリンクする方法は、内容のインポートとは異なります。内容のインポートは 1 回だけ実行し、その後に、ファイルの情報がコンピュータ グループに統合されます。

ファイルをコンピュータ グループにリンクする場合は、ファイルへの変更内容が次回のスキャンに反映されます。つまり、次回のスキャンまでの間に、コンピュータをリンクされたファイルに追加し、ファイルから削除する場合、ファイルに追加された新しいコンピュータはスキャンされ、削除されたコンピュータはスキャンされません。

コンピュータ グループを定義するときには、コンピュータ名ドメインIP アドレス、および仮想マシンを含むファイルにリンクできます。次の表には、各特定のリンク ファイルを作成する方法を示します。

 

コンピュータ ファイルの関連付け

コンピュータ名を含むファイルの名前を指定します。1 行に 1 つのコンピュータ名を入力し、行末には復帰改行を入れます。

例:

コンピュータ 1

コンピュータ 2

dc

メール

データベース サーバ

ドメイン ファイルの関連付け

ドメイン名を含むファイルの名前を指定します。1 行に 1 つのドメイン名を入力し、行末には復帰改行を入れます。

例:

example

yourcompany

corp

redmond

dmz

仮想マシン ファイルの関連付け

仮想マシンを含むファイルの名前を指定します。1 行に 1 つの仮想マシン名を入力し、行末には復帰改行を入れるか、各仮想マシン名をカンマで区切ります。

例:

D:\VMware Images\VM-MAF-FR-XPP\winXPPro.vmx、D:\VMware Images\VM-QA-EN-2KS-4\win2000Serv.vmx

Z:\VMware Images\WinXP_EN_gold_2\winXPPro.vmx

 

IP アドレス ファイルの関連付け

IP アドレスを含むファイルの名前を指定します。1 行に 1 つの IP アドレスを入力し、行末には復帰改行を入れます。

個別の IP アドレスと IP アドレス範囲を同じファイルに混在させることはできません。

例:

192.168.29.132

10.1.1.10

172.16.1.5

IP 範囲ファイルの関連付け

IP アドレス範囲を含むファイルの名前を指定します。IP 範囲は x.x.x.x-y.y.y.y という形式で入力します。1 行に 1 つの IP 範囲を入力し、行末には復帰改行を入れます。

例:

192.168.29.1-192.168.29.5

172.16.2.20-172.16.2.99

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他