Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > プログラム オプションの構成 > ロギング オプション

ロギング オプション

[ロギング オプション] ダイアログでは、プログラム ログに記録するデータの量を指定できます。

 

ロギング レベル

プログラム ログに記録するデータの量を指定します。ユーザ インターフェイス アクティビティとバックグラウンド サービス アクティビティで、異なる記録レベルを指定できます。各カテゴリのオプションは次のとおりです。

すべて:すべてのイベントをログに記録します。開始、 停止一時停止転送、および 再開 イベントが記録されます。

基本:重大、エラー警告、および 情報イベントがログに記録されます。これは既定値です。

診断パッチ スキャン

有効にすると、大量の診断データを取り込み、パッチ スキャンの問題をトラブルシューティングできます。

重要!テクニカル サポートによる指示がない場合は、このチェックボックスを有効にしないでください。

ログ ファイルの場所

 

ログはコンソールの次のディレクトリにあります。C:\ProgramData\LANDESK\Shavlik Protect\Logs

一部のログ ファイルのファイル名には、管理者名が含まれます。これは、特に、2 人以上の管理者がプログラムを使用できる場合に便利です。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他