Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> クイック スタート > セットアップ > プログラムの初期画面 > 主なプログラム機能

主なプログラム機能

ナビゲーション ウィンドウの上部にある選択ボックスを使用すると、次のプログラム機能を実行できます。

 

コンピュータ グループは、特定のスキャンの対象となるコンピュータを定義するために使用します。プログラムのさまざまな処理は、コンピュータ グループを使用して実行されます。[コンピュータ グループ] ウィンドウには次の項目があります。

個人コンピュータ:コンソール コンピュータだけから構成される既定のグループ。

個人ドメイン:ローカル ドメインのコンピュータから構成される既定のグループ。

個人テスト コンピュータ:既定のグループ (初期状態では空)。このグループは実際のネットワーク環境の縮図です。コンピュータをこのグループに追加し、このグループを使用してテストを実行してください。

ネットワーク全体:ネットワークで表示可能なすべてのコンピュータから構成される既定のグループ。

個人コンピュータ グループ:カスタム コンピュータ グループのリストです。カスタム コンピュータ グループを作成するには、[新規] > [コンピュータ グループ] を選択します。

[パッチ テンプレートとグループ] リストには3種類の項目があります。

パッチ スキャン テンプレートでは、パッチ スキャンの実行方法を定義します。使用可能なパッチ スキャン テンプレートは次のとおりです。

セキュリティ パッチ スキャン:見つからないセキュリティ パッチおよびインストールされているセキュリティ パッチをスキャンします。

WUScan:セキュリティ パッチおよび非セキュリティ パッチをスキャンします。

独自のカスタム パッチ スキャン テンプレートを作成するには、[新規] > [パッチ スキャン テンプレート] をクリックします。

配布テンプレートでは、任意のパッチ配布設定を保存し、将来の配布でこの設定を簡単に使用できるようにします。3 つの既定のテンプレートの設定を表示するには、[エージェント標準][標準]、または [仮想マシン標準] をクリックします。新しい配布テンプレートを作成するには、[新規] > [配布テンプレート] をクリックします。

パッチ グループには、スキャンまたは配布対象のパッチが登録されています。パッチ グループには、社内承認済みの必須のパッチまたはサービス パックを表示できます。新しいグループを作成するには、[新規] > [パッチ グループ] をクリックします。

[エージェント ポリシーと SP グループ] リストには2種類の項目があります。

エージェント ポリシーは、エージェントで可能な処理と不可能な処理を正確に定義します。Ivanti Patch for Windows® Servers Agent では、必要な数のエージェント ポリシーを作成できます。ポリシーを使用して、不足しているパッチをスキャンし、ソフトウェアとハードウェア資産を決定し、電源状態タスクを実行できます。新しいエージェント ポリシーを作成するには、[新規] > [エージェント ポリシー] をクリックします。

サービス パック (SP) グループには、エージェントを使用して配布するサービス パックが登録されています。サービス パック グループには、社内承認済みの必須のサービス パックを表示できます。新しいグループを作成するには、[新規] > [サービス パック グループ] をクリックします。

[資産および処理テンプレート] リストは、異なるタイプのさまざまなテンプレートの使用をサポートします。

資産スキャン テンプレートでは、資産スキャンの実行方法を定義します。既定の資産スキャン テンプレートは、ソフトウェアおよびハードウェア スキャンを実行するように構成されています。

また、独自の資産スキャン テンプレートを作成するには、[新規] > [資産スキャン] > [テンプレート] を選択します。

電源状態テンプレートは、実行される電源管理タスクを定義します。既定の電源状態テンプレート名は「標準電源」であり、選択したコンピュータを再起動するように構成されています。ログオン ユーザは 1 分単位で最大 10 分間再起動を延期できます。

また、独自の電源テンプレートを作成するには、[新規] > [電源状態テンプレート] をクリックします。

電源管理 (Wake-on-LAN を含む) には、Ivanti Patch for Windows® Servers Advanced ライセンス、また個別に購入したアドオン ライセンス キーが必要です。

ITScript では、実行するスクリプト、およびスクリプト実行時に使用するパラメータ値とモードを指定します。ITScript テンプレートを作成するには、[新規] > [ITScript テンプレート] をクリックします。

ITScripts 機能の一部には、Ivanti Patch for Windows® Servers Advanced ライセンスが必要です。

 

お気に入りには、スキャン対象のコンピュータおよび選択したスキャン方法が登録されます。新しいお気に入りを作成するには、[新規] > [お気に入り] をクリックします。スキャン対象のコンピュータ グループを選択し、目的のスキャン テンプレートを選択します。

[仮想インベントリ] リストを使用し、社内で使用される vCenter Server および ESXi ホストを管理して追跡します。仮想インベントリ機能を使用すると、次の操作ができます。

実行したパッチ スキャンパッチ配布、および電源ステータス スキャンの履歴は [結果] リストに表示されます。[結果] リストに表示される項目の日数は、[ツール] > [オプション] > [表示] で設定されます。

スキャンまたは配布の結果を表示するには、任意の項目を選択します。スキャンの詳細情報はスキャン ビューに表示されます。配布の詳細情報は配布追跡に表示されます。

項目を右クリックすると、リストから削除するか、名前を変更できます。複数の項目を上記のリストから一度に削除する簡単な方法は次のとおりです。

1.[管理] > [項目] を選択します。

2.表示される概要画面で、削除する項目を選択します。

3.[選択した項目の削除] をクリックします。

 

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他