Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> エージェント > エージェントの使用方法 > エージェントの手動インストール

Ivanti Patch for Windows® Servers Agentの手動インストール

ファイアウォールで保護されているコンピュータには、Ivanti Patch for Windows® Servers Agent を手動でインストールする必要があります。この場合、エージェント インストール ファイルを目的のコンピュータにコピーしてから、各コンピュータで Ivanti Patch for Windows® Servers Agent インストール ウィザードを実行します。

要件

対象コンピュータはコンソールと通信できなければなりません。

エージェントを手動でインストールする前に、1つ以上の Ivanti Patch for Windows® Servers Agent ポリシーを構成する必要があります。詳細については、「エージェントの使用準備」をご参照ください。

登録処理中に、エージェントがコンソールで認証する方法を指定する必要があります。詳細については、「エージェント オプション」をご参照ください。

サーバ コンピュータのシステム アカウントで、配布サーバ フォルダへの読み取りアクセス権が必要な特殊な場合には、配布サーバにエージェントをインストールします。詳細については、「システム アカウント アクセス権の設定」をご参照ください。

インストール手順

1.Ivanti Patch for Windows® Servers コンソールで STPlatformUpdater.exe ファイルを見つけます。

ファイルは C:\ProgramData\LANDESK\Shavlik Protect\Console\DataFiles ディレクトリにあります。

2..exe ファイルを目的のコンピュータにコピーします。

Active Directory を使用してこのファイルを配布できます。あるいは、CD やフラッシュドライブなどの物理メディアにコピーし、目的のコンピュータに配布できます。

このファイルを配布するときには、すべての必要な情報を自動的にインストール ウィザードに渡すためのインストール スクリプトを作成することを選択できます。

3.管理者アカウントを使用して、対象のコンピュータにログインします。

4.STPlatformUpdater.exe ファイルをダブルクリックします。

エージェントがインストールされます。インストールが完了すると、[エージェント登録] ダイアログが表示されます。

5.[コンソールに直接接続する] をクリックします。

クラウド経由でエージェントをインストールする場合には、[クラウド経由でコンソールに接続する] ボタンが表示されます。

次のダイアログが表示されます。

6.必要な情報を入力します。

ホスト名:Ivanti Patch for Windows® Servers コンソールのホスト名または IP アドレスを入力します。例:Myconsole または 192.168.1.100

IP アドレスを使用する場合は、IP アドレスを [コンソール エイリアス] リストに追加する必要があります。

エージェント サービス ポート:コンソールへの情報転送で使用されるポート番号を指定します。3121 は既定のポート番号です。

プロキシの構成:このボタンをクリックして、登録処理中にエージェントが使用するプロキシ設定を指定します。詳細については、「プロキシ サーバ設定の構成」をご参照ください。

認証タイプ:[ツール] > [オプション] > [エージェント] ダイアログで指定した認証方法を選択する必要があります。

  ダイアログの [手動エージェント インストールでパスフレーズを有効にする] チェック ボックスがオンの場合、[共有パスフレーズ] を選択し、一致するパスフレーズを入力します。

それ以外の場合、[Windows 認証] または [現在の認証資格情報を使用する] を選択します。

- 対象コンピュータにログインするために使用した認証資格情報を使用して Ivanti Patch for Windows® Servers コンソールにログインできる場合は、 [現在の認証資格情報を使用する] を選択します。コンソールの管理者グループのユーザの認証資格情報でなければなりません。

- それ以外の場合、[Windows 認証] を選択し、Ivanti Patch for Windows® Servers コンソールで必要な管理者認証資格情報を入力します。認証資格情報は「ドメイン\ユーザ名」の形式で、Ivanti Patch for Windows® Servers コンソールでの管理者権限が必要です。

ポリシーの選択:[ポリシー リストの取得] をクリックしてコンソールに接続すると、すべての使用可能なエージェント ポリシーの一覧が [ポリシーの選択] ボックスに入力されます。このエージェントに割り当てるポリシーを選択します。

7.[エージェント登録] ダイアログで [登録] をクリックします。

8.[エージェント セットアップ ウィザード] ダイアログで [完了] をクリックします。

エージェントのインストール ルーチンは次のとおりです。

必要な .exe ファイルおよび付属ファイルが C:\Program Files\LANDESK\Shavlik Protect Agent ディレクトリにインストールされます。

コンソールと安全に通信するために必要な証明書がインストールされます。

エージェント ライセンスが取得されます。

割り当てられたポリシー、スキャン エンジン、および XML データ ファイルが取得および保存されます。

ファイルは C:\ProgramData\LANDESK\Shavlik Protect\Agent ディレクトリにあります。

ダウンロードが完了すると、エージェントが自動的に起動します。Ivanti Patch for Windows® Servers Agent クライアント プログラムを使用してエージェントのステータスを確認するには、[スタート] > [すべてのプログラム] > [Ivanti Patch for Windows® Servers] > [Ivanti Patch for Windows® Servers Agent] の順にクリックします。このプログラムを使用して、ユーザ設定可能な設定を構成できます。

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他