Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > プログラム オプションの構成 > パッチ オプション

パッチ オプション

[パッチ オプション] ダイアログでは、パッチ スキャンおよび配布オプションを指定できます。

 

既定のパッチ スキャン テンプレート

パッチ スキャンを実行するときに、既定に設定するスキャン テンプレート

参照リストのみを使用する (ドメインでのみスキャン)

ドメインをスキャンするときには、ドメイン コントローラで指定されたドメインのすべてのコンピュータではなく、Microsoft ネットワークのコンピュータの「参照リスト」に含まれるコンピュータがスキャンされます。一般的に、このオプションを使用すると、スキャンを実行するときに、接続先として試行されるコンピュータの数が少なくなります。詳細については、「コンピュータの列挙」をご参照ください。

コンピュータ グループの除外を常に適用する

スキャン処理で複数のコンピュータ グループを使用し、コンピュータが1つのコンピュータ グループから除外され、別のコンピュータ グループに含まれている場合は、このコンピュータは処理から除外されます。[コンピュータ グループの除外を常に適用する] チェックボックスをオフにした場合は、同じ状況でも、コンピュータが処理の対象になります。

例:

ホームページで、スキャンする2つのコンピュータ グループを選択します。コンピュータ A は1つのグループから除外されていますが、他のグループに含まれています。[コンピュータ グループの除外を常に適用する] チェックボックスをオンにすると、コンピュータ A はスキャンの対象外です。[コンピュータ グループの除外を常に適用する] チェックボックスをオフにすると、コンピュータ A はスキャンの対象になります。

2つのグループから構成されるネストされたグループをスキャンします。1つのグループでは、ドメイン ABC.com が除外されています。他のグループには、ABC.com ドメインからのコンピュータが3台あります。[コンピュータ グループの除外を常に適用する] チェックボックスをオンにすると、3台のコンピュータはスキャンの対象外です。[コンピュータ グループの除外を常に適用する] チェックボックスをオフにすると、3台のコンピュータはスキャンの対象になります。

置換パッチを使用する

Ivanti Patch for Windows® Servers に対して、置換されていないパッチのみをスキャンするように命令し、他のパッチで置換されたパッチは無視されます。たとえば、インストールされていないすべての Internet Explorer を報告するのではなく、最新の IE パッチのみが報告されます。

インポートされたファイルを保持する

結果がインポートされた後に、スキャン処理で使用される結果ファイルが削除されずに、ディスク上に無制限に格納されます。

接続タイムアウト (秒)

スキャン中に対象コンピュータがコンソールに応答するのを待機する最大時間。指定した時間 (秒) 内に、コンソールが対象コンピュータに接続できない場合、コンピュータはスキップされます。接続の試行が指定された時間よりも前にタイムアウトする場合があり、待機時間の最大値を追加します。

グローバル スレッド プール

パッチ スキャンまたは配布、資産スキャンまたは電源ステータス スキャン中に使用できる合計スレッド数を指定します。指定する値はコンソール コンピュータの論理 CPU 数で乗算され、スキャン インスタンス中に使用できる最大スレッド数を決定します。1つのスレッドは1つのコンピュータをスキャンするために使用されます。このため、最大64スレッドを指定する場合は、64コンピュータを1回のスキャンで同時にスキャンできることを意味します。同時に多数のコンピュータをスキャンできるようにすると、必要なネットワーク リソースが増えます。低速リンク上でスキャンしている場合は、この数を減らします。

既定の配布テンプレート

既定で使用する配布テンプレートを指定します。以前に定義した新しい配布テンプレートは、ドロップダウン リストに表示されます。詳細については、「配布テンプレート」をご参照ください。

存在しない場合は、一時システム ドライブ共有を作成する

Ivanti Patch for Windows® Servers では、認証処理中に、対象コンピュータで一時管理者共有名を作成して使用できます。スキャンまたは配布が完了すると、共有名は対象コンピュータから削除されます。

通常、このオプションは適用されませんが、何らかの理由で対象コンピュータの管理者共有名 (C$, D$ など) を無効にしたり名前を変更した場合には、Ivanti Patch for Windows® Servers がこれらのコンピュータにアクセスするには、このチェック ボックスをオンにする必要があります。

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他