Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> パッチ管理 > スキャン ビューの上部ウィンドウの使用 > コンピュータでの処理の実行

コンピュータでの処理の実行

右クリック メニュー

上部ウィンドウの任意のコンピュータを右クリックすると、さまざまな処理を実行できます。例:

 

スキャン

使用可能なパッチ スキャン テンプレートを使用して、選択したコンピュータでパッチ スキャンを開始できます。

すべての見つからないパッチの配布

選択したコンピュータに現在インストールされていないすべてのパッチを配布 (インストール) できます。詳細については、「コンピュータへのすべての見つからないパッチの配布」をご参照ください。

パッチ配布のテスト

選択したコンピュータへのテスト配布を実行できます。これは、特に、後で実行するようにスケジュールされているパッチ配布の場合に有効です。配布をテストすることで、配布の問題の可能性を修正し、配布が失敗する確率を下げることができます。詳細については、「処理監視」をご参照ください。

RDP 経由で接続

選択したコンピュータにリモート デスクトップ接続できます。詳細については、「リモート デスクトップ接続を開始する方法」をご参照ください。

電源

選択したコンピュータの電源状態を修正できます。コンピュータをただちに再起動、シャットダウン、またはウェイクアップできます。あるいは、電源状態テンプレートを使用して、コンピュータの再起動をスケジュールし、特定の状態 (完全電源オン、スリープ モード、休止モード、または電源オフ) にできます。詳細については、「電源管理タスクを開始する方法」をご参照ください。

ITScript

Windows PowerShell™ プロンプトを開くか、承認されたスクリプトを選択できます。詳細については、「スクリプトを実行する方法」をご参照ください。

コンピュータ グループに追加

選択したコンピュータを新しいコンピュータ グループまたは既存のコンピュータ グループに追加できます。詳細については、「新しいコンピュータ グループの作成」をご参照ください。

重要!コンピュータ グループに追加したコンピュータは、関連付けられたコンピュータ認証資格情報が自動的に割り当てられます。コンピュータ認証資格情報がない場合、認証資格情報が割り当てられず、この後のスキャンでは既定の認証資格情報が使用されます。コンピュータの既定の認証資格情報が無効で、現在ログインしているユーザのアカウント認証資格情報もコンピュータで無効な場合、グループに追加したコンピュータのスキャンは失敗します。スキャン エラーを防止するために、必ずコンピュータ グループに追加するコンピュータの認証資格情報を指定してください。詳細については、「認証資格情報の指定」をご参照ください。

コンピュータ プロパティ

コンピュータ プロパティを表示および編集できます。詳細については、「個別のコンピュータ プロパティの管理」をご参照ください。

バックグラウンド タスクの表示

スケジュール リモート タスク マネージャを表示できます。これは、現在コンピュータでスケジュールされている電源タスクとパッチ配布タスクを監視する一元化された場所です。

エージェント

次の操作が可能です。

エージェントのインストール、各種ポリシーのエージェントへの割り当て、またはエージェントのアンインストール

各種コマンドを選択したエージェントに送信します。コマンドは、エージェントが既にインストールされ、エージェントをリスニングするように構成されている、オンラインのエージェントにのみ適用されています。使用可能なコマンドの詳細については、「コマンドの送信」をご参照ください。

(コンピュータ ビューのみ) 選択したエージェント内で現在定義されている任意のタスクを開始します。タスクを選択すると、確認ダイアログが表示されます。続行を選択した場合、エージェント コンピュータでタスクがただちに開始されます。使用可能なタスクのタイプについては、「新しいエージェント ポリシーの作成」をご参照ください。

選択したコンピュータを CSV にエクスポート

選択したコンピュータに関する情報を、カンマ区切り値ファイル (CSV) にエクスポートします。CSV ファイルはスプレッドシート プログラムで使用できます。[コンピュータ] > [表示されるコンピュータを CSV にエクスポート] メニューからも同じ操作を実行できます。

自動電子メールの設定/変更...

このオプションは、電子メール処理を有効にし SMTP サーバを定義した場合にだけ使用できます。このコンピュータの自動レポート設定を設定または変更できます。ここで変更を行うと、[コンピュータ プロパティの管理] ダイアログで指定した電子メール設定を無効にします。

電子メール コンピュータ ステータス概要

このオプションは、電子メール処理を有効にし SMTP サーバを定義した場合にだけ使用できます。これにより、コンピュータ ステータス概要レポートを 1 人以上の受信者に送信することができます。

キーボード ショートカット

次のキーボード ショートカットを使用できます。

  • Ctrl+A:すべてのコンピュータを選択します。

  • CTRL+クリック:コンピュータを選択しながら CTRL キーを押し続け、複数のコンピュータを選択できます。

  • SHIFT+クリック:リストの最初のコンピュータと最後のコンピュータを選択しながら SHIFT キーを押し続け、連続したコンピュータのグループを選択できます。

  • SHIFT+PAGE UP:現在選択されているコンピュータから表の最上位のコンピュータまで、コンピュータの範囲を選択します。

  • SHIFT+PAGE DOWN:現在選択されているコンピュータから表の最下位のコンピュータまで、コンピュータの範囲を選択します。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他