Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 電源管理 > 電源管理の概要

電源管理の概要

電源管理 (Wake-on-LAN を含む) には、Ivanti Patch for Windows® Servers Advance ライセンス、また個別に購入したアドオン ライセンス キーが必要です。

電源管理機能では、社内の物理コンピュータとオンラインの仮想マシンの電源状態を制御できます。電源管理を使用する主な理由は次のとおりです。

メンテナンス タスクに備えてコンピュータを準備する

電力消費量とノイズを削減する

運用コストを削減する

バッテリの寿命を長くする

即時またはスケジュールに基づいて、コンピュータをシャットダウン、再起動、またはウェイクアップできます。コンピュータをスリープ状態または休止状態にすることもできます。

ヒント:ESXi Hypervisor 上にあるオフラインの仮想マシンで電源タスクを実行する場合は、仮想インベントリ機能を使用できます。

手順情報

電源管理タスクを実行する方法については、次の項目をご参照ください。

電源状態テンプレートの作成と編集

電源管理タスクを開始する方法

電源タスクの監視

電源ステータス スキャンの開始と監視

電源ステータス スキャン結果の表示

非常に柔軟性の高い実装オプション

Ivanti Patch for Windows® Servers には、電源管理オプションを実装するためのさまざまな方法があります。

ユーザに警告せずにただちにシャットダウンまたは再起動する:右クリック コマンドを使用して、コンピュータ ビューまたはスキャン ビューから、1 台以上の接続されたコンピュータをただちにシャットダウンまたは再起動できます。シャットダウンまたは再起動コマンドを許可するには、コンピュータが完全に電源が入った状態でなければなりません。一般的に、これらの即時処理は、コンピュータのシャットダウンまたは再起動を待機できないときに、メンテナンス目的で使用されます。コンピュータの即時再起動を実行するときには、必ず完全に電源が完全に入った状態に戻ります。詳細については、「シャットダウン実行の注記」と「再起動実行の注記」をご参照ください。

ユーザに警告してシャットダウンまたは再起動をスケジュールする:電源状態テンプレートを使用して、1 台以上の接続されたコンピュータをシャットダウンまたは再起動できます。電源状態テンプレートを使用する利点は、コンピュータのアクティブなユーザに警告を通知できることです。また、即時に実行するか、将来の日時に実行する処理をスケジュールできます。

一般的に、スケジュールされたシャットダウンと再起動は、夜間、週末、または休日に、コンピュータの電力を削減したり、コンピュータの電源を切ったりする目的で使用されます。これを使用することで、コンピュータを使用していないときに、電力を削減する、企業の環境保護の取り組みを実施できます。スケジュールされたジョブを実行するには、コンピュータが最初に完全に電源が入った状態でなければなりません。

事前に再起動する場合でもしない場合でもスリープ状態または休止状態を開始する:電源状態テンプレートを使用し、コンピュータをスリープ状態または休止状態にできます。対象コンピュータを事前に再起動して処理を実行するか、再起動せずに処理を実行するかを選択できます。電源状態テンプレートを使用して開始されたすべてのジョブのように、今すぐ実行実行するか将来の日時に実行するように、ジョブをスケジュールできます。詳細については、「スリープと休止実行の注記」をご参照ください。

即時またはスケジュールされた Wake-on-LAN:Wake-on-LAN (WoL) 機能を使用して、コンピュータを完全に電源が入った状態に戻します。これは、右クリック コマンドを使用して、コンピュータ ビューまたはスキャン ビューから実行されます。スリープ、休止、または電源オフ (ただしネットワーク カードには電源が供給されていること) 状態の接続されたコンピュータは、WoL 要求によってウェイクアップできます。WoL を使用する一般的な理由の 1 つは、夜間や休日と連続した長期の週末に電源を切ったコンピュータの電源を入れ、次の営業日で使用するために準備することです。もう 1 つの理由には、コンソール ベースのパッチ、資産スキャンなどのメンテナンス タスクを実行する前に、コンピュータの電源を入れることが考えられます。スリープ、休止、または電源オフ状態のコンピュータはスキャンできないため、WoL 機能を使用すると、メンテナンス タスクがスケジュールによって実行されることが保証されます。

Wake-on-LAN 要求はただちに発行するか、特定の日時に実行するようにスケジュールできます。各コンピュータで、ウェイクアップ コールをスケジュールするようなものです。WoL の詳細については、「Wake-on-LAN 実行の注記」をご参照ください。

スリープ、休止、または電源オフ状態のコンピュータは、電源状態テンプレートを使用して再起動またはウェイクアップできません。WoL 機能を使用して、ウェイクアップする必要があります。

エージェントレスとエージェント型

電源管理タスクは、エージェントレス方式またはエージェント方式のいずれでも実行できます。このセクションでは、エージェントレス方式について説明します。エージェント型の電源タスクの実行については、「電源タスクの作成と設定」をご参照ください。

エージェントレス型の電源タスクでは、少ない数のファイルをコンソールから各対象コンピュータにプッシュします。大量のコンピュータが対象の場合、ネットワークのパフォーマンスに影響する場合があります。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他