Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > Protect Cloud 同期 > 要件と使用の注記

Protect Cloud 同期の要件と使用に関する注記

要件

Ivanti Patch for Windows® Servers Standard または Ivanti Patch for Windows® Servers Advanced を実行している必要があります。

Protect Cloud アカウントが必要です。

Protect Cloud 同期を使用するように構成されたエージェントにのみ適用されます。

コンソールには信頼性の高いインターネット接続が必要です。

Protect Cloud と通信するときに、送信 TPC ポート 80 番 (HTTP) および 443 番 (HTTPS) が使用できなければなりません。

Protect Cloud と通信するときに、URL の protectservices.shavlik.com にアクセスできなければなりません。

使用に関する注記

Protect Cloud 同期を使用するときには、エージェント チェックイン プロセスは次のとおりです。スケジュールされたチェックイン時刻になると、エージェントがコンソールのチェックインを試行します。エージェントがコンソールにアクセスできる場合は、直接コンソールにチェックインします。エージェントがコンソールにアクセスできず、インターネット接続が可能な場合、クラウドを使用してチェックインします。

オフライン エージェントがクラウドにチェックインすると、同じ情報 (スキャン結果、脅威情報など) が Ivanti Patch for Windows® Servers コンソールに報告されます。Protect Cloud には十分な記憶領域があり、コンソールがデータを取得するまで、結果をキャッシュに保存できます。コンソールは 1 時間に数回クラウドからデータを自動的に取得します。

スキャン エンジンと XML データは、Protect Cloud 同期処理の一部です。エージェントは更新されたエンジンと XML データをコンソールまたはベンダ Web サイトから取得し続けます。エージェントが配布サーバの使用を指定するポリシーを使用している場合、[バックアップ ソースとしてベンダを使用する] チェック ボックスをオンにすることを強くお勧めします。

リスニング エージェントは、その他のすべてのエージェントと同じように処理されます。リスニング エージェントがローカル ネットワーク上にあり、ポリシー変更の通知をコンソールから受信する場合、更新されたポリシーをコンソールから受信します。リスニング エージェントがローカル ネットワークにはなく、コンソールと通信できない場合、クラウドを使用してチェックインを実行します。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他