Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > レポート > レポート ダイアログ

レポート ダイアログ

[レポート] ダイアログには、さまざまなレポート フィルタリング オプションが表示されます。[ツール] > [レポートの作成] メニューを使用して、[レポート] ダイアログを開くことができます。[レポート] ダイアログだけで、すべての項目を選択できます。

レポートの選択

[表示するレポートを選択] ボックスで、生成するレポートを選択します。リストからレポートを選択するときには、レポートの説明が表示され、サンプル レポートがダイアログの右側に表示されます。

フィルタリング オプションの選択

Ivanti Patch for Windows® Servers のレポート ユーティリティには、強力なフィルタリング オプションがあります。選択するレポートによっては、基本および詳細フィルタリング オプションを選択できます。

コンソールで管理されている各コンピュータおよび関連付けられたリモート コンソールで管理されている各コンピュータ (データ ロールアップ コンソールの場合) の最新のスキャン情報をレポートに表示する場合は、 [現在のステータスの表示] チェック ボックスをオンにします。一部のレポートでは、このチェック ボックスを使用できません。このチェック ボックスをオンにすると、[報告するスキャン] オプションが使用できなくなります。

基本フィルタリング オプションでは、報告する配布、スキャン データベース、パッチ グループ、および製品を選択できます。  

さらに詳細なオプションや別の並び替えオプションが必要な場合は、[詳細フィルタを使用する] チェック ボックスをオンにします。[レポートの生成] をクリックすると、詳細フィルタリング オプションが別のダイアログに表示されます。

レポートの表示

選択したら、[レポートの生成] をクリックして結果を表示します。[詳細フィルタを使用する] チェック ボックスがオンの場合、[詳細レポート設定] ダイアログが表示されます。詳細フィルタリング オプションを指定した後に、レポートが生成されます。

レポートのスケジュール:

将来の指定した日時にレポートを実行するようにスケジュールを作成する場合は、[ツール] > [スケジュールされたレポート] を選択します。スケジュールされたレポートは 1 回のみ、または繰り返して生成することができます。詳細については、「レポートをスケジュールする方法」をご参照ください。

データ ロールアップ コンソールからレポートを生成する

コンソールがデータ ロールアップ コンソールの場合、管理対象の各コンピュータに関する情報の他に、関連付けられたリモート コンソールで管理されるすべてのコンピュータに関する情報も表示されます。リモート コンソールによって送信され、データ ロールアップ コンソールによって収集された情報は、 集約データベースに格納されます。ロールアップ コンソールからレポートを生成すると、集約データベースに格納されたすべての情報に自動的にアクセスできます。  


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他