Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 資産インベントリ > 処理の実行ダイアログを使用したスキャンのスケジュール

処理の実行ダイアログを使用した資産スキャンのスケジュール

コンピュータ グループまたはお気に入りから資産処理を開始するときには、[処理の実行] ダイアログが表示されます。処理を今すぐ実行するか、将来の日時に実行されるようにスケジュールするかどうかを指定します。

必ず、スケジュールされたスキャンの対象となるすべてのコンピュータの認証資格情報を割り当ててください。

 

この処理の名前を指定 (任意)

一意の処理名を入力できます。既定では、処理の開始で使用されたコンピュータ グループまたはお気に入りの名前が使用されます。この名前は [結果] ウィンドウに表示されます。

対象の選択と確認

このリストは、処理の対象となるコンピュータ グループを確認するためのものです。正しくないグループが一覧表示されている場合、[キャンセル] をクリックし、正しいグループを使用して処理を再開します。

資産テンプレートの選択

処理を実行するときに使用する 資産スキャン テンプレートを選択できます。

スケジュールの選択

3 つのスケジュール オプションがあります。

[今すぐ実行] の場合、[すぐにスキャン] または [実行] ボタンをクリックするとただちに処理が実行されます。  

[1 回] は、1 日に 1 回、指定した日時に処理が実行されることを示します。

[繰り返し] の場合、管理者は特定の時間に、指定した繰り返しパターンを使用して、定期的に処理をスケジュールできます。たとえば、このオプションを使用すると、毎晩深夜、毎週土曜日の午後 9 時、平日の毎日午後 11 時などに処理を実行できます。ユーザが指定した時刻と頻度に基づいて、処理を実行することもできます。

[繰り返し]オプションを使用して、Microsoft の Patch Tuesday など定期的な毎月のイベントと連動して処理をスケジュールすることもできます。たとえば、毎月の資産スキャンを Patch Tuesday の翌日にスケジュールする場合、第 2 火曜日を指定し、遅れ (日) を追加オプションを使用して処理を 1 日遅らせることができます。

目的のオプションを選択するときには、[すぐにスキャン] または [実行] ([今すぐ実行] を選択した場合) または [スケジュール] ([1 回] または [繰り返し] を選択した場合) をクリックします。

すぐにスキャン/実行:処理がただちに開始され、処理監視が表示されます。

スケジュール:スキャン処理は、コンソール コンピュータでスケジュールされます。詳細については、「資産スキャンの監視」をご参照ください。

現在、スケジュールされた認証資格情報が割り当てられていない場合は、[スケジュールされた認証資格情報] ダイアログが表示されます。スケジュールされた処理を実行するには共有認証資格情報を割り当てる必要があります。[スケジュールされたコンソール タスク] ダイアログ[スケジューラ認証資格情報の設定] ボタンを使用して、スケジューラ認証資格情報として使用される認証資格情報を表示および修正できます。

スケジュールされた認証資格情報は、コンソール コンピュータで処理をスケジュールする目的でのみ使用されます。一般的に、スケジュールされた認証資格情報は、対象コンピュータで実際の処理を実行するためのコンピュータ レベルの認証資格情報とは異なります。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他