Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 電源管理 > 処理の実行ダイアログを使用した電源管理タスクのスケジュール

処理の実行ダイアログを使用した電源管理タスクのスケジュール

コンピュータ グループまたはお気に入りからタスクを開始するとき、または Wake-on-LAN 要求を開始するときには、[処理の実行] ダイアログが表示されます。このダイアログでは、即時に電源タスクを実行するか、将来の日時に実行するかをスケジュールできます。

必ず、スケジュールされたタスクの対象となるすべてのコンピュータの正しい認証資格情報が使用できることを確認してください。

 

この処理の名前を指定 (任意)

一意の処理名を入力できます。既定では、処理の開始で使用されたコンピュータ グループまたはお気に入りの名前が使用されます。この名前は [結果] ウィンドウに表示されます。

対象の選択と確認

このリストは、処理の対象となるコンピュータ グループを確認するためのものです。正しくないグループが一覧表示されている場合、[キャンセル] をクリックし、正しいグループを使用して処理を再開します。

電源処理の選択

処理を実行するときに使用する電源状態テンプレートを選択できます。

スケジュールの選択

3 つのスケジュール オプションがあります。

[今すぐ実行] の場合、[すぐにスキャン] または [実行] ボタンをクリックするとただちに処理が実行されます。  

[1 回] は、1 日に 1 回、指定した日時に処理が実行されることを示します。

[繰り返し] の場合、管理者は特定の時間に、指定した繰り返しパターンを使用して、定期的に処理をスケジュールできます。たとえば、このオプションを使用すると、毎晩深夜、毎週土曜日の午後 9 時、平日の毎日午後 11 時などに処理を実行できます。ユーザが指定した時刻と頻度に基づいて、処理を実行することもできます。

[繰り返し]オプションを使用して、Microsoft の Patch Tuesday など定期的な毎月のイベントと連動して電源ステータス スキャンをスケジュールすることもできます。たとえば、毎月の電源ステータス スキャンを Patch Tuesday の翌日にスケジュールする場合、第 2 火曜日を指定し、遅れ (日) を追加オプションを使用して処理を 1 日遅らせることができます。[遅れ (日) を追加] オプションは、他の電源状態処理では使用できません。

目的のオプションを選択するときには、[すぐにスキャン] または [実行] ([今すぐ実行] を選択した場合) または [スケジュール] ([1 回] または [繰り返し] を選択した場合) をクリックします。

すぐにスキャン/実行:処理がただちに開始され、処理監視が表示されます。

スケジュール:処理は、対象コンピュータでスケジュールされます


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他