Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> パッチ管理 > カスタム パッチ XML ファイルの作成 > 変更の保存と検証

変更の保存と検証

新しいカスタム XML ファイルを作成するか、既存のカスタム XML ファイルを変更するときには、変更を保存してから、検証を実行してください。検証では、カスタム XML の形式が正しく、Ivanti Patch for Windows® Servers のプライマリ パッチ XML ファイルに対応することが確認されます。

必ずカスタム XML ファイルを保存してから、検証を実行してください。ファイルを保存しない場合、前回に保存されたバージョンのファイルに対して検証が実行されます。

カスタム XML ファイルを検証するには:

1.[ファイル] > [保存] を選択して、ファイルを保存します。

2.左側のウィンドウで、最上位のフォルダを選択します。

このフォルダはカスタム XML ファイルの場所を示します。

3.右側のウィンドウで、[XML の検証] をクリックします。

結果は、右側のウィンドウの一番下の [検証結果] セクションに表示されます。エラーが検出された場合、カスタム XML ファイルを使用する前に、エラーを修正する必要があります。

 

 

 

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他