Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> パッチ管理 > パッチの配布 > 配布のテスト

配布のテスト

Ivanti Patch for Windows® Servers には、1 台以上のコンピュータに対して、テスト配布を実行する機能があります。これは特に、パッチ配布を後で実行するようにスケジュールする場合に有効です。配布をテストすることで、配布の問題の可能性を修正し、配布が失敗する確率を下げることができます。

テスト配布を実行する方法

コンピュータ ビューまたはスキャン ビューからテスト配布を実行します。テストするコンピュータ、コンピュータ グループ、またはドメインを右クリックし、[パッチ配布のテスト] を選択します。

このテストは「TEST-PATCH」という名前の非セキュリティ パッチを使用して行われます。このパッチは対象コンピュータの状態を変更しません。テストは次の項目を含むすべての配布処理を実行します。

配布クライアント数のテスト

ポート要件と安全な接続が確立できるかの検証

対象コンピュータへのファイルのダウンロードとコピー

パッチ署名の検証

パッチ タスクのスケジュール

配布パッケージの実行

ステータス メッセージの送信

テスト配布の結果は、処理監視に表示されます。ステータス メッセージは処理の主な手順ごとに提供されます。結果は項目の管理ダイアログでも報告されます。

テスト配布はさまざまな理由で失敗する可能性があります。たとえば、ワークステーションまたはスケジュール サービスが特定のコンピュータで起動していない場合、Ivanti Patch for Windows® Servers はパッチを配布できず、失敗という結果が返されます。テストが失敗した場合、テストが失敗した理由へのリンクをクリックできます。

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他