Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > 複数のコンソールの管理 > 自動コンソール構成 > 自動コンソール構成の概要

自動コンソール構成の概要

自動コンソールは 1 度だけ設定します。設定後、コンソールは自動的にファイルを更新し、コンピュータを管理します。ユーザ操作はありません。

仕組みは次のとおりです。自動コンソールは自動的に定期スキャンを実行し、対象コンピュータにインストールされていないことが検出されたパッチを自動的に配布します。コンソールには、特定の複数のパッチを検索するように定義されているパッチ スキャン テンプレートがあります。これらのパッチは、配布サーバにあるパッチ リストに含まれています。

ベンダが新しいパッチをリリース (Microsoft Corporation の月例パッチ リリースなど) するときには、管理者が配布サーバのパッチ リストを更新します。自動コンソールが次のスケジュールされたスキャンを実行するときには、更新されたリストが自動的に参照され、ユーザの操作を必要とせずに、対象コンピュータにパッチが適用されます。

また、自動コンソールでデータ ロールアップ機能を使用するように構成し、各自動コンソールでの処理内容を 1 つのセントラル サイトから追跡することもできます。

次の図には、自動コンソール構成を示します。

 

 

1

ロールアップ コンソール

2

管理コンピュータ

3

自動コンソール

4

配布サーバ

5

パッチ リスト

詳細については、「自動コンソール構成の実装」をご参照ください。


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他