Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 電源管理 > Wake-on-LAN 実行の注記

Wake-on-LAN 実行の注記

重要!WoL 要求を開始する前に、ターゲット コンピュータでハードウェア資産スキャンを実行する必要があります。このスキャンは、各コンピュータの MAC アドレスを取得するために必要です。

Wake-on-LAN (WoL) 機能は、電源オフまたは省電力状態のコンピュータをウェイクアップするために使用されます。これは、右クリック コマンドを使用して、コンピュータ ビューまたはスキャン ビューから実行されます。

スリープ、休止、または電源オフ状態のコンピュータは、電源状態テンプレートを使用して再起動またはウェイクアップできません。Wake-on-LAN 機能を使用して、ウェイクアップする必要があります。

スリープ、休止、または電源オフ (ただしネットワーク カードには電源が供給されていること) 状態の接続されたコンピュータは、WoL 要求によってウェイクアップできます。WoL を使用する一般的な理由の 1 つは、夜間や休日と連続した長期の週末に電源を切ったコンピュータの電源を入れ、次の営業日で使用するために準備することです。もう 1 つの理由には、コンソール ベースのパッチ、資産スキャンなどのメンテナンス タスクを実行する前に、コンピュータの電源を入れることが考えられます。スリープ、休止、または電源オフ状態のコンピュータはスキャンできないため、WoL 機能を使用すると、メンテナンス タスクがスケジュールによって実行されることが保証されます。

Wake-on-LAN 要求はただちに発行するか、特定の日時にコンピュータをウェイクアップするようにスケジュールできます。各コンピュータで、ウェイクアップ コールをスケジュールするようなものです。

[電源] > [Wake-on-LAN 要求の送信] コマンドは、対象コンピュータが次の状態のときに動作します。

対象コンピュータの初期電源状態

対象コンピュータは起動していますか。

完全に電源オン

処理なし

スリープ状態

はい

休止状態

はい

電源オフ

はい

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他