Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> 管理 > 配布サーバの使用方法 > 配布サーバを使用する理由

配布サーバを使用する理由

配布サーバはさまざまなシナリオで使用できます。

配布サーバを使用すると、配布するパッチを格納できます。配布サーバは、管理している各コンピュータ グループに物理的に近い場所に配置できます。コンソールはパッチを配布サーバにのみコピーできます。個別のコンピュータにはコピーしません。各コンピュータは最も近い配布サーバから必要なパッチをダウンロードできます。これにより、配布環境におけるネットワーク トラフィックが大幅に削減され、ワイド エリア ネットワークで大きな利点が得られます。このことは、エージェントレス環境とエージェント環境のいずれにも当てはまります。エージェントレス環境では、配布サーバを使用すると、コンソールはパッチを個別のコンピュータにプッシュ配信する必要がありません。個別のコンピュータはパッチ ベンダからパッチをダウンロードする必要がありません。エージェント環境では、各コンピュータが必要なパッチをインターネット経由でパッチ ベンダからダウンロードしないようにできます。  

配布サーバを使用すると、使用可能な最新のエンジンと XML ファイルを格納できます。複数のコンソールまたはエージェントを使用した環境では、これにより、インターネットトを使用経由で更新されたファイルをダウンロードしなければならないコンピュータ数を削減できます。

配布サーバによって、コンソールとエージェントはインターネットにアクセスできない環境でも動作できますが、最新のエンジンと XML ファイルにはアクセスする必要があります。詳細については、「オフライン コンソール構成の概要」をご参照ください。

配布サーバを使用すると、カスタム パッチを定義した場合は、配布サーバに保存できます。これは、エージェントを使用した環境において特に重要です。詳細については、「エージェントの使用準備」をご参照ください。

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他