Patch for Windows® Servers, powered by Shavlik

> クイック スタート > セットアップ > vCenter Server と ESXi Hypervisor の管理 > vCenter Server および ESXi Hypervisor の要件

vCenter Server および ESXi Hypervisor の要件

仮想インベントリによって実現される機能は、次の VMware vSphere ライセンスのある環境で使用されるためのものです。VMware vSphere Essentials、Essentials Plus、Standard、および Standard with Operations Managementこの機能はエンタープライズ レベル環境で使用できますが、ユーザ エクスペリエンスとパフォーマンスは中小規模のビジネス環境での使用に合わせて最適化されています。

vCenter Server の要件と推奨事項

仮想インベントリ リストに追加される vCenter Servers は VMware vCenter Server5.0以降でなければなりません。

有効な vCenter Server の認証資格情報が必要です。

vCenter Server に接続できなければなりません。

組織内のハイパーバイザが vCenter Server で管理されている場合、管理側の vCenter Server を追加し、これらのハイパーバイザを Ivanti Patch for Windows® Servers に追加してください。ハイパーバイザで実行するスキャンおよび配布処理は、vCenter Server 経由で実行すると、より完全になります。

ESXi Hypervisor のスキャン要件

ESXi Hypervisor を正常にスキャンするには、次の要件を満たす必要があります。

有効な ESXi Hypervisor の認証資格情報が必要です。

ESXi Hypervisor に接続できなければなりません。

ハイパーバイザは ESXi バージョン5.0以降を使用している必要があります。

HTTP クライアント接続を許可するようにファイアウォールを構成する必要があります。

ESXi Hypervisor の配布要件と推奨事項

正常にセキュリティ情報を ESXi Hypervisor に配布するには、次の要件を満たす必要があります。

Ivanti Patch for Windows® Servers がオンラインでなければなりません。

評価データにアクセスし、更新をダウンロードするには、ESXi Hypervisor がオンラインでなければなりません。

ハイパーバイザは ESXi バージョン5.0以降を使用している必要があります。

ハイパーバイザでポート 443 番が開いている必要があります。

ハイパーバイザで実行中のすべての仮想コンピュータには最新バージョンの VMware Tools が必要です。

見つからないセキュリティ情報を特定するには、以前に ESXi Hypervisor をスキャン済みでなければなりません。

1 回の配布では、セキュリティ情報を 1 つの ESXi Hypervisor にのみ配布できます。ただし、複数のハイパーバイザへの複数配布を開始し、同時に実行することもできます (ハイパーバイザが同じ vCenter Server で管理されている場合は、この処理を実行しないでください)。

配布はスケジュールできません。

完全に自動化された Distributed Resources Scheduler (DRS) を使用した vCenter Server の場合、配布中、Ivanti Patch for Windows® Servers は ESXi Hypervisor をメンテナンス モードにし、DRS による仮想マシンの管理を可能にします。Ivanti Patch for Windows® Servers は、DRS 自動化レベルが [手動] または [一部自動] に設定されている vCenter Server の DRS をサポートしません。これらの DRS 設定では、vSphere クライアント レベルでユーザ操作が必要なためです。この場合、Ivanti Patch for Windows® Servers は仮想マシンを一時停止またはシャットダウンするか、配布をキャンセルする場合があります。

最初に vCenter Server を別のハイパーバイザに移動せずに、vCenter Server または vCenter Server Appliance を含むハイパーバイザにパッチを適用しないでください。DRS を使用して、vCenter Server を移動することを検討してください。 

最初にコンソールを別のハイパーバイザに移動せずに、Ivanti Patch for Windows® Servers コンソールを含むハイパーバイザにパッチを適用しないでください。DRS を使用して、コンソールを移動することを検討してください。

ESXi Hypervisor では、次のアクセス権を含むロールを使用する必要があります。

グローバル

vCenter Server として動作

タスクのキャンセル

診断

ライセンス

イベントの記録

プロキシ

ホスト:構成

接続

メンテナンス

電源

パッチの照会

システム管理

システム リソース

ホスト:複製

リソース

スケジュールされたタスク

セッション

タスク

vApp

vCenter Inventory Services (v5.1 以降)

vService (v5.0以降)

仮想マシン

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他