アップグレード手順

概要

このセクションでは、Patch for MEM 2021.1、2020.2、または Patch for SCCM 2020.1から Patch for Configuration Manager 2023.1 にアップグレードする手順について説明します。 アップグレードを実施する前に、『Patch for Configuration Manager リリースノート』の「新機能」セクションを読み、アップグレードによってシステムにどのような影響があるか、確認してください。

アップグレードの実行

1.現在の SQL Server データベースのバックアップを作成します。

アップグレードの前にバックアップを実行することは、ベスト プラクティスであると考えられます。

2.Microsoft Endpoint Configuration Manager を含め、コンソール コンピュータで実行されているプログラムをすべて閉じます。

これには、リモート コンソールで実行されている Microsoft Endpoint Configuration Manager インスタンスも含まれます。

3.次のリンクを使用して、Ivanti Patch for Configuration Manager 2023.1 実行ファイルをコンソール コンピュータにダウンロードします。

https://forums.ivanti.com/s/article/Ivanti-Patch-for-MEM-Download

4.MEMPatchSetup.exe というファイルをダブルクリックします。

5.アップグレードを続行するかどうかを尋ねるダイアログに応答します。

[はい] をクリックしても、コンソール コンピュータに足りない前提条件が1つ以上あると、前提条件をインストールするように指示されます。この場合、再起動が必要になる可能性があります。前提条件の不足がない場合は、[使用許諾契約] ダイアログが表示されます。

6.使用許諾契約に同意し、[インストール] をクリックします。

ファイルがインストールされると、[完了] ダイアログが表示されます。

7.[完了] をクリックします。

8.このプロセスを、Patch for Configuration Manager が含まれている各リモート コンソールで繰り返します。

その後は、次のような手順になります。

データ移行ツールを使用して、設定を SQL Server データベースに移行する

ライセンスの更新

設定およびスケジュール済みタスクを確認する

詳細については、「コンソールで実行するアップグレード タスク」をご参照ください。

関連トピック

アップグレード要件

コンソールで実行するアップグレード タスク