方法. では、detectoid について気にする必要はありません。:電源管理機能の使用方法

表示

このトピックではビデオ チュートリアルを使用できます。動画にアクセスするには、次のリンクをクリックしてください。

関連ビデオを見る (13:58)

概要情報

電源管理機能では、社内のコンピュータの電源状態を制御できます。電源管理を使用する主な理由は次のとおりです。

メンテナンス タスクに備えてコンピュータを準備する

騒音および電力消費量を削減する

運用コストを削減する

バッテリの寿命を長くする

電源管理機能を使用するには、次の手順を実行します。

1.コンピュータ ビューまたはスキャン ビューから、電源管理コマンドを開始します。

右クリック メニューを使用して、ただちにコンピュータを再起動、シャットダウン、またはウェイクアップします。詳細については、「電源管理タスクを開始する方法」をご参照ください。

2.処理監視を使用して、電源コマンドのステータスを追跡します。

詳細については、「電源タスクの監視」をご参照ください。

3.再起動またはシャットダウンをスケジュールするには、電源管理テンプレートを使用します。

参照:

電源状態テンプレートの作成と編集

電源管理タスクを開始する方法

電源管理タスクのスケジュール

4.Wake-on-LAN 機能を使用する前に、必ず「Wake-on-LAN 実行の注記」をお読みください。

Wake-on-LAN 機能を使用すると、スリープ中、休止中、または電源オフ状態のコンピュータをウェイクアップできます。たとえば、メンテナンス時間中にコンピュータをウェイクアップし、緊急のセキュリティ更新を受信できるようにします。あるいは、前の日の夜にスリープ状態にしたコンピュータのグループに対してウェイクアップ呼び出しをスケジュールし、業務時間には使用可能な状態にできます。

5.電源管理タスクはエージェントによっても実行できます。

詳細については、「電源タスクの作成と構成」をご参照ください。

6.電源ステータス スキャンを実行し、コンピュータの更新されたステータスを確認します。

電源ステータス スキャンの実行」と「電源ステータス スキャン結果の表示」をご参照ください。