スクリプトの実行方法

スクリプトを実行するときには、既定の認証資格情報を指定するか、ターゲット コンピュータまたはコンピュータ グループに認証資格情報を割り当てる必要があります。

すべてのスクリプトは、ITScript テンプレートを使用して実行できます。また、スクリプトで入力パラメータが不要な場合や、既定のパラメータ値を使用する場合、テンプレートを使用せずに直接スクリプトを実行できます。

インターフェイスのさまざまな領域から、スクリプトの実行を開始できます。

コンソールでスクリプトをインポートまたは実行するには、コンソールが証明書を発行した認証機関を信頼する必要があります。コンソールでユーザ スクリプトをインポートする場合は、同じデータベースを使用する他のコンソールに表示されます。ただし、他のコンソールが署名元を信頼しない場合は、スクリプトを実行できません。